■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2018/08/04 (土)  片道勇者2 マップ画面再構成中 ■
【片道勇者2 マップ画面再構成中】

ウディコンの運営もひとまず一区切りしたので、
『片道勇者2』の開発を再開しています。

ここ数週間は、アルファ1でやらかした部分だった
マップ画面のインターフェースについて、
あれこれ試行錯誤しながらこうでもないああでもないと
パーツの場所を入れ替えつつプレイして試していました。

まず、前回のアルファ1のマップ画面のインターフェースは以下の画像のようになってます。



このインターフェースへの問題点がいくつか挙がっていて、

・基本的に主人公周辺を見てプレイするので、右下の手札が遠くて目に入らない(割と重大)。

・使用頻度が高い「引き直し」ボタンが遠い。

・全体的に表示情報の圧迫感がひどい。


という問題があったので、まず上2つの対策のために
「手札の場所」と「主人公データの欄」まわりを
ばっさり左右入れ替える形の配置変更をしてみました。
といいますか、色々いじって試した末に一番マシと言えそうなのが今のところこれでした。

【新しいマップ画面インターフェース】

※手札の裏側にNPCがいる場合はカードが半透明表示されます。常時半透明オプションも付ける予定です。
※上の画像からメッセージログとTipsが抜けてます。


実際にこれでやってみると、

・「手札」に対するマウス操作量が半分近くに減少してプレイコストも減。
かつ少ない視線移動量で目に入るようになり、もう少し工夫すれば
ぼんやり主人公を見てても追加の情報をつかめるようになりそうです。
(たとえば「今回の手札の攻撃可能回数」とか分かるようにしたいです)

・「引き直し」ボタンも近くなった。

・左側の方が目に入りやすいので「プレイに関わる変化の激しい情報」は
そもそも左にあるほうがよさそう。
(そして逆に、オンラインユーザは左に置くべきではなかったので右へ移動)


という印象でした。

今のところはこんな感じの配置になっていますが、
あくまでパターンの一つなので、他に使いやすそうな配置案があれば
『片道勇者プラス』同様、それも入れて好みに合わせて切り替えられるようにする予定です。

あと、上にはまだ、画面がうるさくなりやすい「メッセージログ」と「Tips」は入っておらず、
入れるとしたらどの辺に入れるか考え中です。色々試してみて、
「邪魔にはならないけど目には入る」くらいのポジションに置きたいところです。
メッセージログはなんだかんだで中央下段あたりしかないような気もしますね。

「メッセージログ」や「残り山札」や「Tips」などは普段は表示されずに
キーひとつで出せるようにするというのもアリなんですが、
前の2つはあったらあったで意外と見るので
「オプションで消せるけど、常時出しておきたい人には出せるようにしておきたい」
くらいにしたいと考えています。


【移動予定経路が出るようになります】

それと上の画像にありますが、移動予定経路がこれからは線で表示されるようになります。
ときどき「えっ、対岸までいくのに回り込まずに川を直接通るの!?」
みたいなことがあったと思いますが、内部的には最短距離を計算してて、
回り込まずに行った方が総ターン数が少ないと判断されれば
障害物上を直進するルートを通るようになっています。
ということが移動前から直感的に分かるようになりました。
これで移動事故が少し減ると思います。



他にも情報の提示の仕方やうるさく感じるところなど、
細かいところで「これヤだな!」と思うところがまだまだ山ほどあるので、
インターフェース周りはもうしばらく微調整を続けていくことになると思います。
このあたりの分野は私にとって自然にできることではないので、いい挑戦になりそうです。