■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2008/06/04 (水)  リメイク&育成シミュ研究 ■


やっとセルリア先生リメイク。元はもう見たくない。って熱いよ!
右のは上からCPU速度、1個めのCPU温度、2個めのCPU温度、HDD温度です。
デュアルコアです、どう考えても目玉焼きが焼けます。
手もジュウウゥゥゥゥ。レッツノート熱いよ熱すぎる。

それはそうと、今回でちょうどこの開発日誌の
記事番号が100番になりました(※100件ではない)。
あんまりためにならない内容ばっかりの気がしますが
たまに文章書いてないとテキスト能力のカンが鈍ってしまいますから。
まあ、継続は力なりということで、これからもよろしくお願いします。



で、今回も育成シミュ研究話。ちょっと前の話ですが、
100円で売ってた「ウィザーズハーモニー(以下WH)」というPSのゲームを買いました。
ギルティギアシリーズ(格闘ゲー)を作ってらっしゃる会社の製品です。
これまでプレイした育成ゲームは、なにげにPC版のエーベルージュと
SFC版のプリンセスメーカー以来なので、ちょっと
わくわくしながらやってみました。世界観的にも、
舞台が冒険者育成学校ってところがちょっと参考にできるかも、と思ったのと、
主人公が男なのに攻略可能キャラに男がいるという点で購入を決意。
それに、攻略可能キャラに犬顔男とネコミミ妹キャラがいましたからね!!!
これはツボすぎる。あとレーシングラグーン(\100)も買ったんですが投げました。
友人に「絶対合うよ」ってお勧めされた悠久幻想曲シリーズ(WHと似たゲーム)は
探してもありませんでした、WHは5本も置いてあったのに。
でもゲームの原画を描いた人がなんと一緒でした、完全に趣味読まれてます。
他に気になったゲームはコレくらいですね。消費税1円。

で、そのWHですが、6人で最初にサークル組んで、
全員を育成しながら目的のキャラと仲良くするというゲームでした。
(部長なので他人のスケジュールも全部決められる!)
育成部分は、全員の週間予定をセットしておけばいいので、
さくさく終わります。全体的に予算不足だったっぽいせいか、
育成グラフィックや育成アニメもないので早い早い。
でも何のパラメータがどれだけ増えたかが分かりにくいのは、
ときメモといい、これといい、他ゲーといい、どれもイマイチなので、
もう少し分かりやすい表示方法を考えたいですね。

あとはキャラのイベントで正解の選択を選ぶと好感度アップなくらいで、
それ以外のシステム説明が全く不要なシンプルな作品です。
インターフェース面では珍しくツッコミ所ナシでした。
この辺がしっかりしてると、ストレスなく遊べるのでいいですね。
あとは、休日の自由行動時にどこに行けば誰のイベントが起きるかが
サッパリだったので、自分が作るならそういうのは明確にしたいなーと思います。
それと、パラメータの上げ甲斐があんまりないのも気になるところ。
とまあ、一本まともにやるだけで色々と勉強になりました。

↓追記は悪い面の話やら気になる拍手コメントやら
でもそんなことより、WHは全員素人さんがやってらっしゃると思われる
キャラクターボイスが悪い意味で強烈でした。
最初に出てくる先輩さんが話してるシーンで、
「うーん、この声優さんあんまり上手じゃないなあ、まあいっか」
と思ってたら実はそれがゲーム中ではかなり上手い方で、
新しいキャラが出てくるたびに「まあいっか」の基準が下がり、
気が付いたらその基準が奈落まで落ちていきました。
商業ゲームのボイス聞いてて脇汗全開だったなんて初体験すぎる!!
「いつでもボタン一つでボイスのオンオフができる」という
便利機能があって、「ああ、親御さんが来ても安心!機能かな」と思いましたが、
実際やってみると聞いてて恥ずかしくなるのでもう、ああっ!
「もう許して!!」と何度思ったことか!!
っていうか、制作側もそれを自覚してたとしか思えません。
ゲーム開始後、最初に説明書読んで調べた機能が「ボイス切り替え」という凄いゲームです。
これを最後までボイスオンでプレイできたら、相当精神が鍛えられそうです。

仮に自分が声優さんを使うことになっても、
短いセリフ(おはよう、ありがとうetc)やかけ声(えい!やあ!)など、
ワンポイントで使うくらいでしょうね。凄い人を捕まえられたら考えますけど。
超高性能なボイスチェンジャーが出来たら全部自分でやるかもしれません。

にしても、こういう攻略キャラ多数なゲームって、
クリアまで1プレイ5時間以内ってのが多い気がします。
繰り返しプレイ推奨なら、やっぱりそんなもんなんですかね。
(ときメモシリーズもサッとやると4時間かからないとか何とか)
エーベルージュは長いくせに攻略難易度が極悪だったので忘れたい思い出。
そういう観点から考えても、リプレイ性が高いゲームにしたいな、と思います。
ついでにゲーム的な部分にも超気合い入れたいです。
育成シミュレーションってパラメータの使い所が微妙だったりして、
イマイチ上げ甲斐がないのが多いですからね。



前回の記事を受けてのコメント

>熱血友情も好きだけど男主人公では恋愛も欲しい・・・な・・・
じゃあ男主人公ではキャッキャッウフフな展開で、
女主人公は熱血友情で「ウオオオオ貴様!私の嫁になれぇぇぇぇ!」
 アルバート 「ひいいいいい!は、ハイルナナーシ!」
とかいってるんですね!これがハードラブってやつか!

>Girl's Sideは女の子でも「ないわー」と思います(他多数)
予想外にいっぱいコメントが来ました。事故チューに。
リアル乙女の人たちは現実的なんですね……。
ゲームの中にしかいなさそうなメルヘン少女が実際にいたら、
今のご時世ではストレスかかりすぎでノイローゼになりそう。

>女主人公がいるってことは、シル学にナナシは出ないということですか?
女主人公のデフォネームがナナシだとかぶりそうですね。
っていうか本体がアレなので、出ないかもしれません。
関連記事

▲追記を閉じる▲

 
でもそんなことより、WHは全員素人さんがやってらっしゃると思われる
キャラクターボイスが悪い意味で強烈でした。
最初に出てくる先輩さんが話してるシーンで、
「うーん、この声優さんあんまり上手じゃないなあ、まあいっか」
と思ってたら実はそれがゲーム中ではかなり上手い方で、
新しいキャラが出てくるたびに「まあいっか」の基準が下がり、
気が付いたらその基準が奈落まで落ちていきました。
商業ゲームのボイス聞いてて脇汗全開だったなんて初体験すぎる!!
「いつでもボタン一つでボイスのオンオフができる」という
便利機能があって、「ああ、親御さんが来ても安心!機能かな」と思いましたが、
実際やってみると聞いてて恥ずかしくなるのでもう、ああっ!
「もう許して!!」と何度思ったことか!!
っていうか、制作側もそれを自覚してたとしか思えません。
ゲーム開始後、最初に説明書読んで調べた機能が「ボイス切り替え」という凄いゲームです。
これを最後までボイスオンでプレイできたら、相当精神が鍛えられそうです。

仮に自分が声優さんを使うことになっても、
短いセリフ(おはよう、ありがとうetc)やかけ声(えい!やあ!)など、
ワンポイントで使うくらいでしょうね。凄い人を捕まえられたら考えますけど。
超高性能なボイスチェンジャーが出来たら全部自分でやるかもしれません。

にしても、こういう攻略キャラ多数なゲームって、
クリアまで1プレイ5時間以内ってのが多い気がします。
繰り返しプレイ推奨なら、やっぱりそんなもんなんですかね。
(ときメモシリーズもサッとやると4時間かからないとか何とか)
エーベルージュは長いくせに攻略難易度が極悪だったので忘れたい思い出。
そういう観点から考えても、リプレイ性が高いゲームにしたいな、と思います。
ついでにゲーム的な部分にも超気合い入れたいです。
育成シミュレーションってパラメータの使い所が微妙だったりして、
イマイチ上げ甲斐がないのが多いですからね。



前回の記事を受けてのコメント

>熱血友情も好きだけど男主人公では恋愛も欲しい・・・な・・・
じゃあ男主人公ではキャッキャッウフフな展開で、
女主人公は熱血友情で「ウオオオオ貴様!私の嫁になれぇぇぇぇ!」
 アルバート 「ひいいいいい!は、ハイルナナーシ!」
とかいってるんですね!これがハードラブってやつか!

>Girl's Sideは女の子でも「ないわー」と思います(他多数)
予想外にいっぱいコメントが来ました。事故チューに。
リアル乙女の人たちは現実的なんですね……。
ゲームの中にしかいなさそうなメルヘン少女が実際にいたら、
今のご時世ではストレスかかりすぎでノイローゼになりそう。

>女主人公がいるってことは、シル学にナナシは出ないということですか?
女主人公のデフォネームがナナシだとかぶりそうですね。
っていうか本体がアレなので、出ないかもしれません。
関連記事