■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2008/10/23 (木)  主人公顔自作について ■
前回の記事で、シルフェイド学院物語の主人公の顔について、
「顔は、パーツ合成で作成できるようにするかどうするか迷ってるところです」
と言いましたが、やっぱり引き続き迷っています。

というのも、主人公のキャラ顔を、パーツと色を選んで自作可能に
することについては、実は今までナシにしようかなと思っていたんですが、
タクミさんにプロトタイプをお見せしたところ、「顔自作入れたら面白そうじゃない?」
って言われたのでどうしようかなあと思ったわけでして。
って言ってる間にもコメントで入れてくれた方が嬉しいですという内容を
いただいてしまっているんですが。


Odeko.png
パーツ合成顔グラフィックの例(女子)。
髪色や目の色の変更も可能です。パーツ分け&前後設定がメッチャ大変でした。

皆さんは、自作可能か固定かどっちがいいですか?
今パッと思いついたメリットとデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

【主人公の顔自作のメリット】
・やっぱり愛着が湧く!後々自キャラを自慢したりするならこっちがいいでしょ!

・自作キャラ同士の対戦機能とか付けるなら、これがあった方が面白い。
同じ外見同士のキャラ対戦ばっかりになったら、ちょっとねえ。

【主人公顔自作のデメリット】
・途中で自分と同じ顔のNPCが出てきてショック!という事態がある。
→ 「ゲーム内で顔が変更できる」で対処できるかもしれない。
例えば、理容室だとか整形外科とかあったりしてお金払うと変えられるとか。
でもむやみに顔変更できない方がアイデンティティ生まれていい面も。うーん。
ベストな対応は「私が主人公専用のパーツを作る」ことですが、死ねる!!

・万が一、私がちょっとその気になってイベント画像作ろうと思った場合。
主人公の映像が首から下だけの登場になりそう。まあどうせ
イベント画像作る機会なんて、「双眼鏡覗いたらシャワーシーンだった!」
くらいしかないんですが。

・システム的な意味で、作るのがちょっと大変になる

・パーツ合成顔画像は同時ピクチャ表示枚数が多いので処理が重くなる。
いっぱい画像を出しても平気な場面に限定して主人公顔を表示するなど、
使用時にはちょっと工夫が要りそう。


整理してみると、デメリットはほとんど自分の作業量の問題です。
この影響で、どの程度完成が遅れるか、まだ不明瞭なのが
何とも言えませんけれど、やれないことはなさそうです。
顔自作可能にするかデフォ顔のみにするか、どうしたもんかなあ。
皆さんどう思います?



以下は頂いたコメントの一部と余談。
>主人公の女の子、磨かなくても僕的には美人コンテストで
>一位なんですけどどうすればいいですか?         


がんばってください。

というか、私が描いた方の女主人公ちゃんが
美人コンテストブービー級になったりしないようガンバリマス。


>以前「顔グラををパーツ化することによる労力の削減」みたいな感じで     
>書かれていましたが、これをウディタのキャラ合成ツールみたいに       
>パーツを組み合わせてオリキャラを作成し、二次創作で使えたらなと      
>思っているのですが、いかがでしょうか?ご検討の程宜しく御願いいたします。


パーツ合成キャラ顔は、半分は皆さんが好きなキャラを作れるようにするためにと
考えていた要素なので、もちろん二次創作で作る&使うことは可能ですよ!
なので、シルフェイドキャラと全く関係ない新シナリオ&世界観を作ったりも可能!


>ぬおっ!背景がキレイだ!っと思ったらタクミさんだったか…

はい、タクミさんです。音楽も作れるし絵も描けるしゲームも作れるし、
本当に多芸なお方だと思います。



【余談 曲の長さ】
余談ですが、モノリスフィアの真ハーディア戦は曲が16秒分しかありません。
さすがにボス戦でこれだけ短い曲はそうそうないだろうと思ってたら、
コンシューマ作品でもっと恐ろしいのがありました。
SFC黎明期のRPG「ガデュリン」のラスボスの曲が10秒で延々ループだったのです。
しかも何段階も変形するのに第一段階から最終段階まで曲が変わりません、
ループの切れ目もくっきり分かります。どうすればいいんだ、強い、強すぎる。

個人的には、曲は40秒くらいでいいかもしれないと思っています。
容量軽いし、作る人もたぶん楽ですしね!何より、ゲームにおいて
移動画面以外で1シーンが30秒以上続くことがあんまりないような。
関連記事

▲追記を閉じる▲

 
>主人公の女の子、磨かなくても僕的には美人コンテストで
>一位なんですけどどうすればいいですか?         


がんばってください。

というか、私が描いた方の女主人公ちゃんが
美人コンテストブービー級になったりしないようガンバリマス。


>以前「顔グラををパーツ化することによる労力の削減」みたいな感じで     
>書かれていましたが、これをウディタのキャラ合成ツールみたいに       
>パーツを組み合わせてオリキャラを作成し、二次創作で使えたらなと      
>思っているのですが、いかがでしょうか?ご検討の程宜しく御願いいたします。


パーツ合成キャラ顔は、半分は皆さんが好きなキャラを作れるようにするためにと
考えていた要素なので、もちろん二次創作で作る&使うことは可能ですよ!
なので、シルフェイドキャラと全く関係ない新シナリオ&世界観を作ったりも可能!


>ぬおっ!背景がキレイだ!っと思ったらタクミさんだったか…

はい、タクミさんです。音楽も作れるし絵も描けるしゲームも作れるし、
本当に多芸なお方だと思います。



【余談 曲の長さ】
余談ですが、モノリスフィアの真ハーディア戦は曲が16秒分しかありません。
さすがにボス戦でこれだけ短い曲はそうそうないだろうと思ってたら、
コンシューマ作品でもっと恐ろしいのがありました。
SFC黎明期のRPG「ガデュリン」のラスボスの曲が10秒で延々ループだったのです。
しかも何段階も変形するのに第一段階から最終段階まで曲が変わりません、
ループの切れ目もくっきり分かります。どうすればいいんだ、強い、強すぎる。

個人的には、曲は40秒くらいでいいかもしれないと思っています。
容量軽いし、作る人もたぶん楽ですしね!何より、ゲームにおいて
移動画面以外で1シーンが30秒以上続くことがあんまりないような。
関連記事