■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2009/04/24 (金)  顔合成機能とはやぶさ ■
(※4/25 「追記」部分にちょっと追記しました。参考映像の紹介)

最近、夜から明け方まで(※誤字じゃないです)、家のド真ん前で
舗装工事中で泣きそうなウルフです。
こんな体験、初めてなので絶賛寝不足中です。作業が進まない。
寝られないので午前3時にこの記事アップしてますよ、もうアホかと。
もちろん工事前に、お詫びの手紙がポストに入ってましたけど
工事してる人も目の前に住んでるも大変だぜっハハッって状態です。

それでもシルフェイド学院物語は、シナリオ作成や
顔グラフィック作成は少しずつでも進めています。
合成パーツによる顔グラフィック作成システムも作りましたので
これでモブキャラ作成だって大丈夫!


※左前だと死に装束です。
顔合成作成機能。ゲーム上で動作します。
色々パーツを選んでデータ保存すると、
テキストとして組み合わせ情報を出力することができます。
表情も最大10種まで設定可能!髪の色や肌の色も変更可能!


それにしても、普通の顔一枚だと何とも感じないのに、
表情を色々と並べて見ると、途端に魅力的に思える気がして不思議です。
シル見の頃は絵が下手だったために表情でごまかしてた感がありますが、
後になってみれば、キャラクターをいろどるのは単体の綺麗さより、
多様な表情にこそあるのかもしれません。
合成顔でも色々表情が作れるよう、パーツを追加中です。

気になったコメント返信はまた次回。
プロトタイプ動画へのたくさんのご意見ご感想、ありがとうございました。



ちょっと今回は脱線して、私の個人的趣味のお話でも。
大阪市立科学館がオリジナルで作った探査機はやぶさのCG映画、
今これに興味シンシンです!にわか宇宙技術ファンな私にはハァハァもんですよ。

↓ここから「はやぶさ」のお話
【予告編PV (公式の人がアップしたものです)】

公式サイト http://hayabusa-movie.jp/

「はやぶさ」は、電気推進のイオンエンジンを積んだ小惑星探査機で、
小惑星のサンプル(カケラ)を採取するミッションを遂行中です。
いまはすでに小惑星イトカワへの着陸ミッションを終えて採取動作を完了しており、
地球に帰ってくる段階にあります。採取できたかどうかは分かっていません。

公式ブログによると、現在位置は地球から2.4天文単位(3.6億km)のあたりだそうで、
光でも片道20分かかる位置。すげぇえええどこまで行ってんの!ですよホント。
でも今は姿勢制御すらままならないくらい、満身創痍でボロボロになってます。
ネットじゃ「サンプル取れてなくてもいいから頑張って地球に帰ってきて」、
なんて暖かい言葉を見たり、一方ではやぶさ運営のブログでは
「はやぶさ君は今週も元気に航行中です」なんて微笑ましかったり。
超絶技巧を駆使してギリギリ飛んでるだけな気もするけど良いポジティブ!

この計画は予算が超カツカツ極小らしいのに、それでありながら
何とか成果を出そうと史上初詰め込みまくりのはやぶさを送り出したりしてて、
お金が少なくてもやることやっちゃえるのが日本人の底力か!スゲェ!と思います。
「アルマゲドン(映画)の製作予算よりはやぶさのプロジェクト予算のほうが安い」
なんて笑えるような笑えないような書き込みもネットで見かけました。
もっと宇宙科学方面にもお金を使ってくれたらなあ、とも思いますけど、
逆に予算は減らされる一方だそうです。JAXAも大変なんですよ。
(JAXAは「はやぶさ2はロケットを無償で提供してくれるとこ見つけてね」と指示)
[参考ニュース]

でも海外からの評価はかなり高いみたいで、
「はやぶさ2の打ち上げタダでやってあげるよ!」という
イタリア宇宙機関からの提案があって、計画のお話が進んでいるようです。
もちろんイタリアの観測機器も載せるでしょうけれど、
よその国の探査機をタダで打ち上げてあげるなんて太っ腹な話ですよ!
粋なところは、さすがイタリア!頼りないってよく言われる国ですけどありがたい!
きっと、「普通ならミッション失敗扱いなほど機体がボロボロになってても、
創意工夫で何とかミッションを遂行してきたスタッフ」の
すごい技量と執念にも期待しているところがあるのだと思います。

と、そんな感じで世界的に見ても凄い結果が出せてるのに、
日本でのニュースでの扱いがかなり小さいのが、個人的に残念です。
ということで、せめて皆さんに少しでも知っていただけたらなと思って
ここで取り上げさせていただきました。


[4/25追記] はやぶさの旅路(の苦労)について非常に詳しい動画が
ニコニコ動画にありましたので、IDをお持ちで興味がお有りな方はこちらもどうぞ。
一見ネタっぽい映像ですが、かなり詳細まで書いてあって中身は本物です。
ニコニコ動画 「[はやぶさ]今度いつ帰る ~はやぶさ探査機~」



何かにハマっちゃった日本人は、たとえ見返りが少なくても頑張っちゃうし、
創意工夫も大好きだし、それでいて既存の限界を突破できる
不思議なポテンシャルさえも秘めてたりして、
案外、日本人ってとてつもないんじゃないか、なんて気がしています。

「自分も、人から見本にされるような存在の一人になりたい」
凄い人たちの話を聞くたびに、そう思います。
その気持ちでまだまだ頑張れる。



とりあえず連日寝不足中なので、変なこと書いてたらゴメンナサイ。
工事の人は悪くないんです。広島も道路がそろそろヤバいとこ多いんで、
運転しにくいったらありゃしないもんでして。嬉しさ半分、困るの半分。
関連記事

▲追記を閉じる▲

 
【予告編PV (公式の人がアップしたものです)】

公式サイト http://hayabusa-movie.jp/

「はやぶさ」は、電気推進のイオンエンジンを積んだ小惑星探査機で、
小惑星のサンプル(カケラ)を採取するミッションを遂行中です。
いまはすでに小惑星イトカワへの着陸ミッションを終えて採取動作を完了しており、
地球に帰ってくる段階にあります。採取できたかどうかは分かっていません。

公式ブログによると、現在位置は地球から2.4天文単位(3.6億km)のあたりだそうで、
光でも片道20分かかる位置。すげぇえええどこまで行ってんの!ですよホント。
でも今は姿勢制御すらままならないくらい、満身創痍でボロボロになってます。
ネットじゃ「サンプル取れてなくてもいいから頑張って地球に帰ってきて」、
なんて暖かい言葉を見たり、一方ではやぶさ運営のブログでは
「はやぶさ君は今週も元気に航行中です」なんて微笑ましかったり。
超絶技巧を駆使してギリギリ飛んでるだけな気もするけど良いポジティブ!

この計画は予算が超カツカツ極小らしいのに、それでありながら
何とか成果を出そうと史上初詰め込みまくりのはやぶさを送り出したりしてて、
お金が少なくてもやることやっちゃえるのが日本人の底力か!スゲェ!と思います。
「アルマゲドン(映画)の製作予算よりはやぶさのプロジェクト予算のほうが安い」
なんて笑えるような笑えないような書き込みもネットで見かけました。
もっと宇宙科学方面にもお金を使ってくれたらなあ、とも思いますけど、
逆に予算は減らされる一方だそうです。JAXAも大変なんですよ。
(JAXAは「はやぶさ2はロケットを無償で提供してくれるとこ見つけてね」と指示)
[参考ニュース]

でも海外からの評価はかなり高いみたいで、
「はやぶさ2の打ち上げタダでやってあげるよ!」という
イタリア宇宙機関からの提案があって、計画のお話が進んでいるようです。
もちろんイタリアの観測機器も載せるでしょうけれど、
よその国の探査機をタダで打ち上げてあげるなんて太っ腹な話ですよ!
粋なところは、さすがイタリア!頼りないってよく言われる国ですけどありがたい!
きっと、「普通ならミッション失敗扱いなほど機体がボロボロになってても、
創意工夫で何とかミッションを遂行してきたスタッフ」の
すごい技量と執念にも期待しているところがあるのだと思います。

と、そんな感じで世界的に見ても凄い結果が出せてるのに、
日本でのニュースでの扱いがかなり小さいのが、個人的に残念です。
ということで、せめて皆さんに少しでも知っていただけたらなと思って
ここで取り上げさせていただきました。


[4/25追記] はやぶさの旅路(の苦労)について非常に詳しい動画が
ニコニコ動画にありましたので、IDをお持ちで興味がお有りな方はこちらもどうぞ。
一見ネタっぽい映像ですが、かなり詳細まで書いてあって中身は本物です。
ニコニコ動画 「[はやぶさ]今度いつ帰る ~はやぶさ探査機~」



何かにハマっちゃった日本人は、たとえ見返りが少なくても頑張っちゃうし、
創意工夫も大好きだし、それでいて既存の限界を突破できる
不思議なポテンシャルさえも秘めてたりして、
案外、日本人ってとてつもないんじゃないか、なんて気がしています。

「自分も、人から見本にされるような存在の一人になりたい」
凄い人たちの話を聞くたびに、そう思います。
その気持ちでまだまだ頑張れる。



とりあえず連日寝不足中なので、変なこと書いてたらゴメンナサイ。
工事の人は悪くないんです。広島も道路がそろそろヤバいとこ多いんで、
運転しにくいったらありゃしないもんでして。嬉しさ半分、困るの半分。
関連記事