■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2009/05/10 (日)  全裸で屋外(アルバート) ■
武術運動部の合宿イベントにて、夜空をアルバートと一緒に眺めるイベントを作ったら、
夜空の下、アルバートが全裸で出てきてコーヒー吹いたウルフです。
というのも、直前の風呂シーンで服装を裸にしたまま戻してなかったのです。

でもアルバートが裸になるのは、直前に男風呂シーンが出た時だけ、
つまり主人公が男の場合だけアルバートが全裸で出てくるんですよコレ!
もう色んな意味で白熱しすぎなバグでした。
この空気、レジェレスを思い出します。今思い出すと、レジェレスは
恥ずかしいとかそういうレベルを突破した処女作のような気がしてなりません。

それはそうと、今回のスクリーンショットは武術運動部の合宿のシーン。

兜かぶってないので分かりにくいかもしれませんが、セタパパです。
(追記:背景は「お楽しみCDコレクション CG背景素材集 和の風景」のもの)

前回スクリプト実例を晒したときには「ジュドって誰ー?」
という質問が来なかったので言っておりませんでしたが、
ジュドさんとは、つまるところセタパパですね。
武術運動部に入ると、エージス先生かジュド先生の
どちらかに就いて指導を受けることになります。



武術運動部は、イベント少なめでサクっと作る予定が、
案外苦戦しています。たくさんのキャラのイベントを、
イベントや好感度の整合性を保ちつつ構成するのが大変!

そして、スクリプトを組むのも思ったより面倒です。
入力文字数が半端ないので、マジで手がずっと腱鞘炎気味!
もう、簡単に組める補助ツール作った方がいいかなあ、
どうしようかなあ、と迷ってます。
それで最終的に開発が早くなるのか遅くなるのかは分かりませんけれど、
まだまだ先は長いですし、作者自身もコマンド忘れがちだしゲフンゲフン!

何より一般公開したときに「自由にイベントを作れるようにする」を
ウリにするなら、自然と必要になりますから、少し寄り道して、
今の内に作っておくのもいいかもしれないとコレ書いてて思いました。
うん、そうだ、ちょっと寄り道しよう。
まだ開発スピードを上げるために時間を使ってもいい段階……だと思いたい!



やれる選択肢は、いつでもバカみたいにたくさんあるんです。
どれから手を付けるのが一番効率的かを考える、
それもゲーム製作の一つの面白みだと思います。
特に、技術の向上によってツール作成や修正が選択肢の一つに入ると、
ますます選べる行動のバリエーションが膨大になっていきます。

ですが、その修正(というかツール自作)のおかげで、ツクールで作っていた頃よりは、
より速く、簡単に高クオリティを実現できるようにもなっています。
最初はツクールと同じくらいの構築速度でしたが、
今ではウディタの方が、システムを速く作れるようになりました。
ってまあ自分で好きなようにいじってるんだから、そりゃそうですよね。
もちろん、ツクールに劣る部分が大量にあることは否めません。

それに、常にフル自作を想定している人間が作ったツールが、
一般の人に使いやすいかどうかとなると、やっぱり話は別です。
ウディタはどこまでもマニア向けでしょうし、開発者本人がRPGを作らないので、
RPGに適したインターフェース整備も遅れています。
マップ一覧のツリービュー化、場所移動時の移動先マップ表示などは、
いつか必ず入れようと思いつつ、本人がその必要に迫られていないので
モチベーションが上がりにくくて、後回し気味になっている部分です。
やっぱり完全なボランティアは、私にはできません。エゴのおすそ分けが精一杯。

もちろん、ウディタへの不満は不満で、
ウディタ公式の要望スレッドでいつでも受け付けております!
半年後や一年後にふと要望の機能が実装されたりすることもあるので、
思いついたらご遠慮なさらずにバンバンどうぞ。
関連記事