■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2009/05/31 (日)  海外アマチュアゲームの話 ■
海外進出の話題ですが、おかげさまで皆さまから
多くのご意見、非常に参考になる情報を頂けました。
本当にありがとうございます! 全ては紹介しきれませんが、
今回はそのうちの一部でも紹介させていただきたく思います。

で、肝心の、最終目標とするアマチュアゲーム的なコンテストですが、
いただいた情報により、大規模そうなのが見つかりました。

その名もIndependent Games Festivalです。独立系(要はインディ)ゲーム祭り。

主部門は、参加費95$(1万円)で賞金総額5万$(500万円)!
世界中からカモン!って言ってるので、日本人の私でも余裕で参加できます。
最近の参加数は2008年173本、2007年141本、2006年118本!多っ!
でもまだオフィシャルルール全部読んでないので詳細が分かりません、
英語読むの遅いんですよ。え、10部もゲームデータのCD送るの!?
必要なら3Dメガネやグラフィックボードも添付してねだと!?
で、評価は、技術面/視覚面/オーディオ面/革新さ/一般票で行われる?
もう「?」だらけですが、とりあえず評価は主にコンパクみたいな
審査員方式な感じでしょうか。

決勝出場者は指定の時間、展示して説明してねとか書いてある気がするけど
これが非常に大きな壁!展示はいくらでも体験してますけど英語は分からない!
英語の説明パネル書いて「リィドヒア!(これ読め!)」でいいのかな。

しかも投稿作品は、どれもこれもクオリティとか発想力が半端ねえですよ!
これが世界! 2011年内に出して賞取りたいとか言いましたけど、
賞の一つでも取るつもりならこんな期間ではまず無理そうです。
というか期間の問題じゃなくて「発想力」が足りてない!
しかも英語まみれですよ周りは。ワタシ英語がぜんぜんしゃべれません。

でも、かなり恐いけどこれを最終目標にして頑張りたいと思います。
しかしもう少し段階点にステップアップしていった方がいい気もします。
たぶん順当に行けば決勝戦なんて残らないで悔しがるフラグのはずだから、
展示で英語どうしようとか考える必要ないよ!うん!
その前にゲームを翻訳できないから! そこが問題だから!

(URL) この記事などから考えると海外の同人ゲームは
>「independent game」になるみたいですね。        
上記で述べていたのは、このニュース情報が元です。
貴重な情報、ありがとうございます!
でもたった5日で作ったゲームが賞取ったとか、どんだけですか!
受賞作品の傾向もそうですが、アイデアという土俵での勝負が
もう6割以上になりつつある気がします。
が、ボリュームがそこまで要らないのなら、それはそれでチャンス有りです。

>こんにちは!海外のコンテストって日本とは評価のポイントが
>違うそうですから大変そうですね…!向こうのセンスにあった
>ゲームを作られるという事は、シルフェイドはもう作らないの 
>でしょうか?ちょっと心配しています。               
私は私のセンスでゲーム作るしかないし、無理に空気読むのは
アマチュアらしくないので、海外でフリー公開する分には
ひとまずシルフェイド系を英語化することになると思います。

海外コンテスト用作品はそれなりの戦略を練りますけれど、
コンテストに出すなら、それはいつものことですしね。
海外向けにグラフィックとシナリオだけ変えたモノリスフィアを
作ってもいいと思ってます。超ムキムキなアメリカンコミック風モノリス様が
「Craaaaaash!!」とか言いながら敵を倒す展開。
(日本人から見た間違ったアメリカ観)

>海外は日本と違いゲームのMODが盛んですから、どうしてもアマチュアゲームが
>下火な印象です。あと、それの影響か、アマチュアゲームも一人で何でも作るって
>いうより大人数での役割分担がされている印象でもあります。            
>あと、それの影響か、アマチュアゲームも一人で何でも作るっていうより大人数での
>役割分担がされている印象でもあります。私も昔MODに参加していたんですが、
>50人くらいいるチームの一員で、本当に自分に任された仕事しかしませんでしたね。
>しかも、モチベーションもForumとかで毎日応援コメもらったり、他のチームの成果を
>見て燃えたり、他チームのデバッグの為に期日とかもあり、ちゃんと保たれました。 
>当然、質もその分野の専門家(アマチュアですけど)しかいないので、         
>自然と高くなっています。一人でそれに立ち向かうのはだいぶ大変だと思いますよ。
>まぁ、がんばってください。応援しております。                       

生のご意見、誠にありがとうございます!
これは他の皆さんにも参考になる部分が多い情報だと思います。
ちなみにMODというのは、元のゲームに、ユーザが作ったデータやスクリプトを
入れたり換えたりしたデータのことで、要は追加データ集みたいなものですね。
場合によっては基本システムだけ継承して、グラフィックなどほとんど全部
ユーザが丸々新しいモノを作ることまであったり!
海外ではそういったゲーム開発環境が揃っているのがうらやましいので、
シルフェイド学院物語でもMODを開発・導入できる要素を取り入れています。


>海外のフリゲなら(フリゲというよりミュージシャンでいうインディーズ
>バンドみたいな感じで有料が多いかも)ここに紹介されてますよ。

たくさんありがとうございます!
ということで頂いたアドレスにそれぞれ一言説明付けておきました。

http://www.gametunnel.com/ 海外インディーゲーム レビューサイト
「今年の一等賞」みたいなコンテンツもあるようです。
http://www.indiegames.com/blog/ 海外インディーゲーム紹介ブログ
http://www.tigsource.com/ 海外インディーゲーム ニュースブログ
http://www.fullgames.sk/ 海外のゲーム紹介サイト リスト化されてます
http://www.caiman.us/ 海外のゲーム紹介サイト ここもリスト化されてます
http://www.acid-play.com/ 海外フリーゲームの一般評価集

海外を目標にするなら、この辺りもチェック入れるとよさそうですね。
こういったところでも取り上げてもらえるような作品を作りたい!

って、さっそく一番上のサイトのトップで、
RPGツクールXP製(※RPG Maker XP)の作品が紹介されてるじゃありませんか。
あっちのアマチュアRPGでも割とメジャーなんでしょうか、ツクール。
もう少し完成度が高くなったらウディタも売り込んでみるかなあ。
 
関連記事