■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2010/01/10 (日)  公安編 25% ■
公安委員会の第一シナリオがおおよそ完成しました。
最低限動作する部分だけって意味で!
いつもながら、この段階だと面白さとは無縁なので、
最終的なブラッシュアップでどんどん面白くしていきたいと思います。
まず何はともあれ、全体の流れを作っていきたいです。
残りは、公安委員会編第二、第三、第四シナリオと、考古学編全編!
もうすぐシナリオ作成も折り返し地点です!

【シル学エディタ】


その過程でシル学用データエディタをバージョンアップしたりしていました。
前回のシルエットノートでは、二次創作データをメモ帳なり何なりで
作っていただいていましたが、今回は条件分岐やら何やら付いて
大幅機能向上しています、ご期待ください!って前にも言いましたけれどね。
ちなみに、ファイル形式は単純なテキストファイルですので、メモ帳でもいじれます。
それをウディタで読み込ませてイベント実行させています。

※シル学の二次創作データについて
イベントだけでなく、キャラクターやアイテム、イベント発生地点や
トーテムなどなど、様々な要素を追加することができます。
気合い入れればゼロからゲーム作ることもできますよ!



【今回、作業していて思ったこと】

公安委員会編の探偵パートなんですが、
途中の情報収集パートがやや地味ーな感じになってしまっても、
肝心の推理パートだけ演出をしっかり作ってみたら、
一見よく見る探偵ゲームのような雰囲気が出てきてちょっと驚きました。
そういえば普通の探偵ゲームでも、情報収集パートって地味だったなあ……。
盛り上がりのメリハリを付けるという意味でも、開発速度を上げるという意味でも、
情報収集パートには、そこまで力を入れすぎないほうがいいのかもしれません。
もちろん、情報収集の合間に入る、緊張感溢れるシーンは大事ですけれど!
なにごともバランスが大事、ってことで。盛り上がりどころは特に頑張ろうと思います。

それともう一点、開発順序について!
第一シナリオは情報収集パートから作った後に推理パート作ったんですが、
次は推理パートから作って、必要な証拠だとか証言だとかを洗い出した後、
その情報を入手できる情報収集パートを作ろうと思いました。
いざ推理パート作ってみると、周辺情報から類推するしかない内容も
ぽこぽこ出たりして(まあそれが推理っちゃ推理なんですが)、
プレイ層によってはクリアできなくなったりしないか心配なところも。
もちろん、間違えても何度でもトライできるくらいの優しさは、
いつだって残しておきたいつもりです。


以下は気になった拍手コメント。
いつもコメントくださってありがとうございます、励みになります。
>推理系ADVの難点は一度クリアしてしまうと、犯人から推理から全部、
>分かっちゃうって事ですよね。ただ、ある意味それは宿命なので    
>逃れられないんですけどね・・・                        

以前、犯人や状況がプレイごとに毎回変わる探偵物ってのを
考えたことがあります。犯人が変わると、状況や凶器も変わってきたりして。
イベント分岐によって犯人が変わるのはありそうですけど、さらにおし進めて
ゲーム開始時に完全ランダムで犯人や犯行状況が変わるゲームってのは
ある意味理想の探偵ものだと思うんですよ。といっても、
たぶんもうすでに誰かやってると思いますけれど。
あ、でも目撃者もランダムだから、ときどき完全犯罪になったりするのか!

>あけましておめでとうございます!(多数)
ありがとうございます!

>あけましておめでとうございます。 今年も半ROMで拝見させていただきます。
半ROMどころか全ROMでも大歓迎ですよ! 来てくださるだけで嬉しいです!

>破壊度合いによって暖めるか冷やすか治療法が違うのでまちがえんようにね。
アドバイスありがとうございます。とりあえず急激な冷えで腰が
ダメになったっぽいので、温める方向で対処してました。

主な原因は、布団が重い割に暖かくなかったっぽいことだったんですが、
布団なんてそうそう他の使わないから、原因の特定が困難でしたよ!
重いお布団も、暖かくないお布団も、どっちも体にダメージが来ます!
皆さんもお気を付けて!2.3kgの布団にさらに重ね布団してアウチだったので。
今は2.3kgのポリエステル布団から、1.4kgの羽毛布団に変えてほくほくしてます。

>(前略)まあ、話は代わってシル学なのですが、あの     
>エイプリルフールのアルバートの変態ネタはあるんですか?

ある意味もっと変態なネタが満載になりつつあります。
関連記事

▲追記を閉じる▲

 
>推理系ADVの難点は一度クリアしてしまうと、犯人から推理から全部、
>分かっちゃうって事ですよね。ただ、ある意味それは宿命なので    
>逃れられないんですけどね・・・                        

以前、犯人や状況がプレイごとに毎回変わる探偵物ってのを
考えたことがあります。犯人が変わると、状況や凶器も変わってきたりして。
イベント分岐によって犯人が変わるのはありそうですけど、さらにおし進めて
ゲーム開始時に完全ランダムで犯人や犯行状況が変わるゲームってのは
ある意味理想の探偵ものだと思うんですよ。といっても、
たぶんもうすでに誰かやってると思いますけれど。
あ、でも目撃者もランダムだから、ときどき完全犯罪になったりするのか!

>あけましておめでとうございます!(多数)
ありがとうございます!

>あけましておめでとうございます。 今年も半ROMで拝見させていただきます。
半ROMどころか全ROMでも大歓迎ですよ! 来てくださるだけで嬉しいです!

>破壊度合いによって暖めるか冷やすか治療法が違うのでまちがえんようにね。
アドバイスありがとうございます。とりあえず急激な冷えで腰が
ダメになったっぽいので、温める方向で対処してました。

主な原因は、布団が重い割に暖かくなかったっぽいことだったんですが、
布団なんてそうそう他の使わないから、原因の特定が困難でしたよ!
重いお布団も、暖かくないお布団も、どっちも体にダメージが来ます!
皆さんもお気を付けて!2.3kgの布団にさらに重ね布団してアウチだったので。
今は2.3kgのポリエステル布団から、1.4kgの羽毛布団に変えてほくほくしてます。

>(前略)まあ、話は代わってシル学なのですが、あの     
>エイプリルフールのアルバートの変態ネタはあるんですか?

ある意味もっと変態なネタが満載になりつつあります。
関連記事