■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2010/01/15 (金)  私もテスト期間です ■

目立たないんですがお気に入りモブキャラです。
ポニーテールが好きで緑髪キャラが好きで、あとウェーブヘアーも好きです。
あ、半獣とか半魚人とか翼のある人も好きです!
趣味が思いっきりゲームのキャラに反映されていてすみません。

さて受験が間近に迫ってきた方も多いと思います!ていうか明日センターですよ!
月なみなことしか言えませんが、どうか頑張ってください!
DHAのサプリメントはオススメですよー、頭が疲れにくくなるので、
もし試験が長くなりそうでしたら、よかったら試験前にでもぜひ。

受験を迎えていた当時に私が思ってたのは、自分が
「うわーどうしよう大変だ」と思うときは、他のみんなも大変だってことです。
解ける問題は確実に解いて、分からないのは最後にゆっくり考えるという
基本戦法を忘れず! それを確実に実行すれば、勉強した分は取れますよ!
勉強した分も取れなかったら、一年間後悔しますから、
これからは戦術ミスで負けないことが重要です!
勉強が足りなくたって問題ありません、試験中のミッション内容は
「いま覚えていることを最大限に活かせ!」で大丈夫!



さて、今週は公安委員会のシナリオをちょっと冷ましつつ、
武術運動部編のテストプレイをしてバグ取りをしていました。
すごくいっぱいバグが出て大変です! こりゃー公開時には、
シルエットノートの時と同じく、「買いたい人だけ最初に買ってね」版を
先行公開して、ある程度バグ取りする戦法を採った方がよさそうです。


【今回、作業していて思ったこと】

バグ取りしながらのテストプレイは、なかなか精神的に苦痛です。
何度も何度も繰り返してると、内容にも目新しさもなくなって、
(そりゃ自分で作ったんですから新鮮さもクソもないんですけれど!)
「これは果たして面白いのか……?」という疑問まで湧いてきて
自信の方にもちょっとダメージが入ります。
いやまあ、自分で凄く面白いゲームと断言できるものなんて、
今まで一度も作れた試しなんてないんですけれど。
……なんだか、いざこうやって気持ちをまとめてると、
自信がなくなってるのも、結局いつも通りのような気がしてきました。

でも、テストプレイは決して逃れられない作業です。
バグは直して、つまらないなあと思ったところは面白くするための案を考えて、
演出が足りないと思ったら派手にする。これらは地味ながら、
ゲームが面白いか面白くないかを決める境界線を一歩越えるために
絶対必要な作業だと思います。テストするだけなら簡単ですけれど、
重要なのは何が問題かということに気付くことです。

でも、これがまた、なかなか難しいんです。
自分で必死に考えて、「これでいいに違いない」と思ったものを、
さらに向上させなければいけませんから。
「過去の自分の行い」を否定する数が増えれば増えるほど、
自信にもそりゃ影響が出てくるってもんです。
それでも逃げずにじっくり踏みとどまって、感じる気持ちをより鋭敏に、
がんばっていきたいと思います。


以下はオマケのお話や気になったコメント返信です。


私の大好きな、宇宙の技術に関するお話です。
いつか宇宙をテーマにしたゲームも作ってみたいなあ!

【おまけ 宇宙話 国際宇宙ステーションでのロボット実験 REXJ】


目的の一つに、月面に設置された太陽電池パネルの掃除、があるのが、
10年20年後の月面基地を見据えていいですよね。
JAXAは、2030年に月面基地作るのを目的にしているそうです。スゲー!



>今、シル学の為におさらいという事でSilverSecond作品を         
>初めからやってます。今じゃレジェレスやクリフ迷宮録って        
>やれないんですよね。アルバートのガンRPGは持ってるんですけどね。

遊んでくださって本当にありがとうございます!
あ、昔のはこちらからどうぞ!実はGameのページから古い作品に飛べるんです。
申し訳ないことに、いまのGameのページはややこしくて見づらいので、
落ち着いたらわかりやすく整理したいと思っています。
http://www.silversecond.net/contents/download/mini_games.html
全ての始まりはレジェンドオブレストールでした。
面白いとかそうでないとかいう以前のゲームだと思いますが、
当時はこれでも一生懸命作ったんですよ……。

>開発ご苦労様です。シル学エディタについて質問ですが、  
>自作シナリオでは戦闘も可能でしょうか?それとも、      
>会話オンリーでしょうか?(ついでに、エディタはなんという  
>言語で書かれておいでですか?いや完全に好奇心ですが...)

ご心配なく! 戦闘どころか、変数操作や自分の書いた画像を表示することもできます。
また、シルエットノートのように、ただのショートストーリー再生だけを
行うこともできるようにする予定です。
エディターはVisual C++ .NETの、MFCを使って書いてます。
これもう10年前のソフトかな……。

>シル帳ではゲーム作りに慣れていない人でも二次創作が  
>できましたが、シル学ではどうでしょうか?ウルフエディターと
>同じようなレベルと考えればいいのでしょうか。         
イベントを書けばいいだけという分、WOLF RPGエディターよりは簡単です。
シルエットノートよりは非常に多彩なイベント作りもできます。

簡単なミニゲームくらいなら作れますよ!


>ウディタのセーブファイルが随分重いのです。セーブファイルには      
>どのような事が記録されているのでしょうか? (可変データベース、    
>マップイベントセルフ変数、コモンイベントセルフ変数、現在のマップ     
>上のイベント達の位置、あるいはまた、並列実行の奴も含めて、実行    
>中のイベント全ての内容…… と、私が思いつくのはここまででした)    
>ずうずうしくもう一つ聞きたい事が。セーブファイルを小さくするコツなどは 
>ありませんでしょうか。これまた私が思いついたのは、「イベントが      
>少ないか全くない、小さなマップへ移動してからセーブする」くらいしか   
>分かりませんでした。 以上、差し障りない程度で、少しで構いませんので、
>軽く教えていただけたら、ありがたいのです。                   

ご迷惑お掛けします!
全可変データベース、全変数、全マップイベントセルフ、全コモンイベントセルフ
(※コモンイベント1個あたり、変数100個分=400Byte使用します)、
マップチップの情報全部(これが重い!100x100で120KB)、イベント位置、
各種システム情報です。セーブファイルを小さくしたい場合は、
サイズの小さいマップへ移動してセーブするとか、コモンイベントの数を減らすと
いいと思います。実行中のイベント内容は保存していないので、
マップにあるイベント数はさほど影響ないかもしれません。

>「犯人・凶器・犯行現場を推理するゲームとして、往年の    
> ボードゲームの名作「Clue(Cluedo)」を思い出しました。(略)」
>「人狼ゲームがそれ近いのかなぁ。人力ですけれども」     

おお、そういえば! 調べてみたら、どっちも遊んだことがありました!
情報ありがとうございます! AI相手に面白くしようと思うと、
それらのアレンジでもかなり考え甲斐がありそうですね。

>できれば、できればでいいのですが、シル学はVector等の
>サイトでも販売して頂けませんか?              

>海外にいるとウェブマネーが買えなくて~(略)     
ライセンスキーの配布が楽になればVectorでもいいんですが、
個人だとどうしても手動で対応しなくてはならないようで、尻込みしています。
何かよい策はないか、色々調べてみたいと思います。

>結構前の記事のことで恐縮ですが、 DHAのサプリメントは何使ってますか?
私が飲んでるのは小林製薬のものです。
関連記事

▲追記を閉じる▲

 


私の大好きな、宇宙の技術に関するお話です。
いつか宇宙をテーマにしたゲームも作ってみたいなあ!

【おまけ 宇宙話 国際宇宙ステーションでのロボット実験 REXJ】


目的の一つに、月面に設置された太陽電池パネルの掃除、があるのが、
10年20年後の月面基地を見据えていいですよね。
JAXAは、2030年に月面基地作るのを目的にしているそうです。スゲー!



>今、シル学の為におさらいという事でSilverSecond作品を         
>初めからやってます。今じゃレジェレスやクリフ迷宮録って        
>やれないんですよね。アルバートのガンRPGは持ってるんですけどね。

遊んでくださって本当にありがとうございます!
あ、昔のはこちらからどうぞ!実はGameのページから古い作品に飛べるんです。
申し訳ないことに、いまのGameのページはややこしくて見づらいので、
落ち着いたらわかりやすく整理したいと思っています。
http://www.silversecond.net/contents/download/mini_games.html
全ての始まりはレジェンドオブレストールでした。
面白いとかそうでないとかいう以前のゲームだと思いますが、
当時はこれでも一生懸命作ったんですよ……。

>開発ご苦労様です。シル学エディタについて質問ですが、  
>自作シナリオでは戦闘も可能でしょうか?それとも、      
>会話オンリーでしょうか?(ついでに、エディタはなんという  
>言語で書かれておいでですか?いや完全に好奇心ですが...)

ご心配なく! 戦闘どころか、変数操作や自分の書いた画像を表示することもできます。
また、シルエットノートのように、ただのショートストーリー再生だけを
行うこともできるようにする予定です。
エディターはVisual C++ .NETの、MFCを使って書いてます。
これもう10年前のソフトかな……。

>シル帳ではゲーム作りに慣れていない人でも二次創作が  
>できましたが、シル学ではどうでしょうか?ウルフエディターと
>同じようなレベルと考えればいいのでしょうか。         
イベントを書けばいいだけという分、WOLF RPGエディターよりは簡単です。
シルエットノートよりは非常に多彩なイベント作りもできます。

簡単なミニゲームくらいなら作れますよ!


>ウディタのセーブファイルが随分重いのです。セーブファイルには      
>どのような事が記録されているのでしょうか? (可変データベース、    
>マップイベントセルフ変数、コモンイベントセルフ変数、現在のマップ     
>上のイベント達の位置、あるいはまた、並列実行の奴も含めて、実行    
>中のイベント全ての内容…… と、私が思いつくのはここまででした)    
>ずうずうしくもう一つ聞きたい事が。セーブファイルを小さくするコツなどは 
>ありませんでしょうか。これまた私が思いついたのは、「イベントが      
>少ないか全くない、小さなマップへ移動してからセーブする」くらいしか   
>分かりませんでした。 以上、差し障りない程度で、少しで構いませんので、
>軽く教えていただけたら、ありがたいのです。                   

ご迷惑お掛けします!
全可変データベース、全変数、全マップイベントセルフ、全コモンイベントセルフ
(※コモンイベント1個あたり、変数100個分=400Byte使用します)、
マップチップの情報全部(これが重い!100x100で120KB)、イベント位置、
各種システム情報です。セーブファイルを小さくしたい場合は、
サイズの小さいマップへ移動してセーブするとか、コモンイベントの数を減らすと
いいと思います。実行中のイベント内容は保存していないので、
マップにあるイベント数はさほど影響ないかもしれません。

>「犯人・凶器・犯行現場を推理するゲームとして、往年の    
> ボードゲームの名作「Clue(Cluedo)」を思い出しました。(略)」
>「人狼ゲームがそれ近いのかなぁ。人力ですけれども」     

おお、そういえば! 調べてみたら、どっちも遊んだことがありました!
情報ありがとうございます! AI相手に面白くしようと思うと、
それらのアレンジでもかなり考え甲斐がありそうですね。

>できれば、できればでいいのですが、シル学はVector等の
>サイトでも販売して頂けませんか?              

>海外にいるとウェブマネーが買えなくて~(略)     
ライセンスキーの配布が楽になればVectorでもいいんですが、
個人だとどうしても手動で対応しなくてはならないようで、尻込みしています。
何かよい策はないか、色々調べてみたいと思います。

>結構前の記事のことで恐縮ですが、 DHAのサプリメントは何使ってますか?
私が飲んでるのは小林製薬のものです。
関連記事