■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2010/03/03 (水)  ウディタVer1.16公開! ■
だいぶ遅れましたが、WOLF RPGエディターVer1.16が
Vectorさんにアップされたようなので、
今回の更新内容をピックアップさせていただきます!

ウディタ最新版のダウンロードはこちらから!
【WOLF RPGエディター公式サイト】



今回の目玉修正は、

【コモンセルフ変数の使用状況を確認できるようになりました!】
「あれ?このセルフ変数使ってたっけなあ」という時に
一瞬で確認できるので、なかなか便利です。かなり使い込む人向け!
ただ、数字として1600000~が設定されているものを検知するのみなので、
「X番の変数呼び出し」をご利用になっている場合は
検知漏れしてしまうときがあります。あくまで参考程度に。


【文字のアンチエイリアス(なめらか化)を変更できる】
特殊文字「\A+」「\A-」により、文章内で
文字のアンチエイリアスを付けたり外したりできます。
具体的には、以下の画像のような変化が出せます

小さい文字は、アンチエイリアス付き(\A+)だと見にくくなるので、
アンチエイリアスをオフ(\A-)にするなどの工夫ができそうですね。


【ピクチャの処理速度がアップしました!】
何百枚単位の多数のピクチャを表示すると、枚数が増えただけで
1ピクチャあたりの処理まで増えてしまうという、指数関数的な
処理負荷増大の問題がありましたが、それが緩和されました。
1000枚ピクチャを出した場合、1枚あたりの処理負荷が
従来で7倍くらいだったのが、現在では2倍程度まで低下しています。

■ピクチャ10枚時の処理時間 旧19ms -> 新19ms
■ピクチャ100枚時の処理時間 旧30ms -> 新21ms
■ピクチャ1000枚時の処理時間 旧137ms -> 新36ms

※変数操作+によるピクチャのX座標取得を、
10000回ループさせたときの処理時間の変化


その他の修正はこちらからどうぞ。
【WOLF RPGエディター更新履歴】

※「\\」の挙動修正による、ファイル読み込み処理時のエラーは
重要ですので、よくご確認下さい。と言っても、影響を受けるのは
相当使い込んでる人だけですけれど。




拍手コメントの返信はまた次回!
いっぱい反応が来ましたけどシル学は81禁じゃないですよ!
おじいちゃんおばあちゃんに買ってもらわなくていいですからね!
関連記事