■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2011/10/29 (土)  WOLF RPGエディター2公開 ■
今週は、ウディタ本の最終段階でヒイヒイ言ってました。
ときどきそのまま夜が明けたりして、ちょっと修羅場だったウルフです。

その過程でCD用のデータ提出も行ったので、10月27日をもって、
WOLF RPGエディター2(公式サイトへ)
正式版としてリリースすることになりました。


基本システム2になってメニュー画面も少し綺麗に


<紹介記事>
【使い勝手が大幅に向上し、自由度も増した「WOLF RPGエディター」v2.00が公開】

窓の杜さんがこの記事より詳しくウディタ2を
紹介してくださっていますので、気になる方はこちらもぜひ!



【機能追加】

ウディタ2になって、大量の機能が追加されました。
詳しくは、以下の更新履歴をどうぞ。
<ウディタ2更新履歴(新ウィンドウ)>

自由変形ピクチャで自重しないキャラ演出も簡単に!

(キャラ画像はFirstSeedMaterial様より)

これ以外にも、インターフェースの大幅改善や
デバッグ関連機能のパワーアップ、細かな機能の追加など、
多岐にわたって機能を追加しています。

デバッグ機能では、表示中のピクチャ詳細を確認できる
F7キー機能が個人的にオススメどころです。

【F7のピクチャ確認機能】

ピクチャの現在のパラメータ表示。表示位置はピンクの■で表示される

最後に処理したイベントコマンド位置も記載されるので、
ピクチャ処理のバグ探しも簡単!
……といっても、たぶん、そういうところで苦労した人にしか
分からない便利さです、ええ。

という感じで、ややマニアックな内容も多いので、大半の人には
「だから何なんだよ!」という話になってしまってると思いますが、
とりあえず、ウディタ2になって、

これまで苦労していたことが色々楽になって、できることの幅が少し増えた

と認識してくださればOKだと思います。



【素材の大幅追加】

ウディタ2は、Ver1までの素材に加え、

・ユノ様の基本素材企画キャラチップ
・主にpanop様による戦闘アニメエフェクト
・ぴぽ様による豊富なマップチップ
・多くの方々によるMIDI素材・効果音
・キタカライ様のベース画像を元にした、現在進行中の合成顔グラフィック


などが追加され、Ver1に比べて大幅に充実しています。

おかげさまで素材がかなり揃いつつあるので、
ダウンロードした直後から、それなりのゲームが
作れるようになっていると思います。
Ver1で、DLしたけど素材集めで挫折したという方は、よろしければぜひ。



次は、本に必要な仕上げ作業と並行しながら、
いよいよ、モバイル用作品のクリフ深淵録3話作成に入ります。

今現在、ほとんどごはん食べられないわ、食べたらリバースするわで
もともと弱かった体を酷使しすぎたので、少しゆっくり行きたいと思います。
出版業界の人は本当に凄い、とんでもないスピードとバイタリティです。
もしかしたら、ウディタ本が11月中にも発売されるかもしれません。
関連記事