■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2011/11/05 (土)  13周年ゲー3 ■
ウディタ本は、最後にデータを送付してからは
特に続報はなく、向こうで修羅場になってる予感がします。
体調はまだまだ悪いですが、クリフ深淵録はそれなりに順調です。

アクションパズルゲーム用に使うかなと思って
休憩時間中にボーっと描いていた案↓

【クリックで拡大(PCサイトのみ)】

使い所がなくなったので大事にお蔵入りです。



【また変わる案】
「何も思いつかなかったらこのままアクションパズルでも作ろう。
でもわざわざ作るなら、自分らしいウリがないと、
作っててもモチベーション上がらないしなあ」

と思ってたら、ある人の一言をきっかけに
ピンと面白そうな案が浮かんだので、
プチRPGを作ろうかと考え始めています。
こっちの方が、作る身としても(遊ぶ側の自分としても)面白そうです。

作ろうと考えたのは、

【強制横スクロールRPG】

です。検索すれば過去にいくつも案が出た前例がありますが、
「これは面白く作れる」という妙な確信が生まれたので、
トライしてみたくなりました。

幻想譚の初期プロジェクト名「勇者RPG(仮)」と同じく、
今回も「片道勇者RPG(仮)」 と命名して、
しばらく案を詰めていきたいと思います。

ただいまの脳内の方向性は、以下の通りです。


・リプレイ性を高くする
・強制横スクロールで追い立てられるRPG
・既存のゲームから持って来られそうなものは全部使う
・RPG的にありがちな要素で構成
・時間がないのでストーリー要素は薄めで
・1プレイ時間は20分~30分くらいを想定
・プロトタイプのつもりで作る、綺麗にまとめようとしない
・画像素材が自作じゃなくても泣かない


実際に開発に取りかかれるのは12月に入ってからですが、
休憩がてら、基礎部分だけ作ってみてもいいかもしれません。
まずは作ってみないことにはフォーマットの固めようもなく、
遊んでみないことには何が足りないか分かりませんから、
何はともあれ現物です。



以下は拍手返信です。
皆さまの暖かい拍手コメント、いつも本当にありがとうございます。

>出版さんが云々ということは、ウディタ本が
>amazonにでることを期待してもOK?   .

たぶん出ると思いますし、書店にも並ぶと思います。
まさにマニュアル本なので、Amazonではそれほど
いい評価は付かないかもしれません。

そのうち、自分のゲーム開発論だけ延々と述べた本も、
書いてみたいですね(出すなら同人誌でしょうけれど)。
関連記事