■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2012/01/15 (日)  13周年ゲー12 [片道勇者] ■
ウディタ公式サイトが、サーバ会社の人によって
停止された感じがして、ちょっと困ってるウルフです。

【13周年ゲーム企画 『片道勇者』 今回の実装内容】

片道勇者、今回も黙々と実装を続けています。
今のところ、飽きっぽい自分でも、テストプレイし始めてから
気付いたら12分くらい遊び続けてしまうくらいのデキなので、
徐々にですが、遊べるようになってきているような感じです。

【インターフェース面の修正】

・持てる重量のアイテムが落ちていたらなら、乗った時点で自動拾うよう修正
 (これまでは交換ウィンドウが毎回表示されるようになっていました)

・遠距離攻撃の当たる先が分かりやすくなるよう、Shift時の表示を修正

・スキル・アイテム使用時のメッセージがプレイヤー頭上にも出るよう修正。
 これで、プレイヤーキャラだけ見ていればほとんどの情報が
 分かるようになりました。視線が安定して、けっこうプレイ感が変わります。

  



【システム的な修正】

建物を暗く塗りつぶす処理追加。外からだと
 中が少ししか見えず、建物内に入ると全て表示されます。

ドアを実装 : 近付いたらガチャッって言って開くだけですが
      作成の過程では、ドアが歩いて攻撃してきたり
      それを直しても今度は攻撃したらドアが殴り返してきたり、
      それもやっと直せたと思ったら、今度はプレイヤーが
      指名手配になってる状態だと勝手にドアがプレイヤーを探して
      歩いてどっか行ったりして、実装に苦労しました。

各種特殊能力を実装
 - 夜間視野増大
 - 黒塗り部分が外から広く見えるようになる能力実装
 - 敵・味方のいる方向が分かる能力を実装
 - 宝の方向が分かる能力を実装
 - 街の位置が分かる能力を実装
 - 相手の持ってるアイテム数が分かる能力を実装
 - 相手のHPが分かる能力を実装
 - 「剣士」にスキル「ベルセルク」を実装。
  15ターンだけ強化&自然回復しますが、
  効果が切れると50ターンの間、LIFE・STが1/3になります。
 - アイテム識別する巻物を実装
 - 武器・防具の修理機能を実装
 - 武器・防具に特殊能力付与機能を実装
 - 物理無効の「結界」能力を実装(幻想譚と同じくクリティカルだと貫通する)

・選んだクラス別に、顔グラフィックを用意
 
 左から狩人タイプ1、騎士タイプ2、騎士タイプ3。

・NPCに、ランダムでパラメータの個性が付く機能を実装
 (例:"強そうな"衛兵、"弱そうな"野犬、"ケチな"武器屋…など)




以下は拍手返信です。
皆さまの拍手コメント、いつも本当にありがとうございます。

>現在片道勇者の完成度を%で表すとしたらどれくらいになりますか?
>楽しみで楽しみで課題に手が付きません、どうしましょう


間もなく出せる段階になるまでは、完成度を%表示で表すのをやめます!
どんな数字を出してもたいていまちがってて、そのたびに
出る出る詐欺になって「うわー申し訳ないー」ってなって
余計なプレッシャーかかって心理的に痛い思いをするだけなので、
とりあえず「たぶんしばらくは出ないよ」って感じで!

公開一ヶ月前には予告できると思いますから、
まずはお勉強の方を、しっかりがんばってください。
受験生の皆さんも、今が正念場です。心より応援しています。
関連記事