■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2012/02/05 (日)  モバイル/翻訳/片道勇者 ■
先週は、いただいたお仕事を早く完了してスッキリしようと、
モバイル作品『クリフ深淵録』の最終話を
重点的に作成していました。



【翻訳の準備】

シルフェイド幻想譚を翻訳するにあたって、
システムごと修正を要するところが、いくつかあります。



たとえば名前入力画面!
カタカナで入力するわけにはいかないので、丸ごと修正です。

が、アルファベット4文字までなのは変わらずなので、
イニシャルで入れていただくか、トムジョントニーや
アランアンナくらいの名前にしていただく感じで。
RPGツクール2000ではピクチャが50枚までしか使えなかったというのも、
今となっては遠い記憶のような気がします。

なお、大部分の翻訳作業は申し出てくださった方が行ってくれるようなので、
自分の方はテキストの準備などがメインになると思います。
(テキスト準備は、翻訳補助ツール作ってもらったので手間はほぼゼロですが)

また他にも、戦闘中の文字やアイテム名は全部画像で作られているため、
これも手直ししていく必要があります。こちらが少し大変かもしれませんね。



【『片道勇者』 今回の実装内容】


※画面は開発中の最新バージョン


クリア評価を作成しました。
 → 戦闘や宝箱取得率・正義度などさまざまな要素から、
   モノリスフィアのクリア評価のような感じで、
   総合勇者レベルを算出します。
   これでプレイするたびに腕前が上がることを実感…
   できるといいんですが。

 → また、特定条件を満たすと称号をゲットできて
   勇者レベルにボーナスが付き、ものによっては
   新しいクラス(ジョブ)・初期能力が解放されます。


残る実装項目の中で、機能的に大きな目玉と
いえそうなのは、あとは「仲間」の機能です。
他にも、細々とした処理や追加機能やら入れたり、
実際に遊んで足りないものを追加していくような、
そんな感じになると思います。

そこから先は、一番肝心な、物語やアイテムやスキルの実装、
そしてクリア評価コメントの執筆です。
その先もバランス調整があるので、じっくり進めて行きます。

 
関連記事