■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2012/04/15 (日)  片道勇者22[RPG] ■
片道勇者は仲間実装タイム中です。
仲間の存在は、プレイのメインの流れからちょっと外れた
「枝」とも言うべき部分ですが、幹だけの木よりは
枝が付いてる方が、話題や楽しみ方も広がるものです。

物語に彩りを添える役目として、比較的
最低限でありつつも印象に残るよう、設計しています。
印象に残るように作るのは、なかなか難しいんですけれどね。


仲間の薬士ネムリ(のED用落書き)



【『片道勇者』 今回の実装内容】

・仲間のグラフィックをいっぱい作成
 → 合計5人+αの仲間の立ち絵を作成しました。
   他にも、「顔グラフィックはないけれど仲間になる」
   モブ系の仲間を実装するかもしれません。
    ※モブ=たいてい無限に沸いてくる無個性キャラ

・ED用落書きイラストを何枚か作成
 → 立ち絵描きの勢いでそのままED用の絵も増やしました。
   イベント作成とは別のところの脳を使うので、
   やっぱりメキメキ目覚める気がして楽しい!

・片道勇者用イベントエディターを作成
 → スクリプトを手で打ち込むとミスが出たりして
   なかなか厄介なので、シル学用のエディターを
   改造して片道勇者用にカスタムしました。
   これで打ち込み作業効率が倍くらいになります。

   結局、手打ちできる環境でもいずれコマンド式で
   打ち込みたくなってしまうようなので、旧ツクールや
   WOLF RPGエディターのようなコマンド打ち込み型の
   ゲーム作成は、自分に合ってる方法なのかもしれません。

・仲間イベントを2人分作成
 → ここからが苦戦しそうな山場です。
  幸い仲間の数は少ないので、じっくり攻めていきたいところ!

  加入イベント・旅路の相談イベント・死亡時イベント・
  時間経過で発生するイベントと、種類が多めだったり
  キャラによっては「相談」に実用的な効果を持たせたりと
  個性付けしているので、余計に時間がかかるのかもしれません。



どの段階のゲームで一体どういう印象を持って、
どんな要素を入れることでどう効果的にゲームを良くできるのか?
今回は、それを意識しながら進めています。

いつものことですが、フリーソフト開発のときは、
色々試してみて、しっかり牙を研いでいきたいところです。
リスク無視で、思いっきり気がねなく実験できますしね!
関連記事