■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2013/04/28 (日)  戦術STG(仮) その4 ■
【今週の落書き】


シカ系!



【戦術STG フェイズ4までおおざっぱに】

今週はメインとなるAIの調整を中心に、兵装の切り替えのための下処理など
フェイズ3【AI】とフェイズ4【自機のカスタマイズ】に手を付けた状態です。
基本的な挙動ができてくると、徐々に何ができるかのイメージが
できるようになってくるので、ここからがゲームの素質を見極める段階!

ひとまずのα版の予定期間をむかえるので、
この辺りで最低限の機能の追加を切り上げて、次は
「どういうところに駆け引きを設けるか」「どういう順序でゲームになれてもらうか」
「どういう要素にワクワクできるか」といった、主軸となる部分を検討していきます。
本作はまだまだ出発点にも到達していない段階、もうちょい粘ってみようと思います。

次段階としてはその検討をしつつ、ゲームとして最低限の駆け引きが生み出せるよう、
データやステージバリエーションの作成です。
モノリスフィアのときも、まずはステージを全部作ってから
ストーリーを入力していきましたからね。


そして、それが終わったら楽しい画像作成タイム!
画像が投入され始めると途端にゲームが面白くなった気がして、
作っている身としてもモチベーションが大爆発します。

ただし、それに入るのはゲームの基幹部が面白いという実感ができてから!
画像から作ると、『一見面白そうなゲームに見えるんだけど実際遊んでみると
ゲーム部分が大したことなかった』ということにもなりがちなので、
まずは現状ある分のモチベーションで、画像がない状態で限界まで面白くしてからです。

ほぼ記号だけの状態で作り続けるのはけっこう気合がいりますが、
失敗した場合でも大事な部分だけ残して気兼ねなく放り捨てられるのが魅力的。
モチベーションがなくなってきたら画像周りに移ってブーストできるので、
ロケットの二段目として温存しながらしばらくがんばります。
本作自体があまり期待されていないのは承知の上!



以下は拍手コメントです。いつも本当にありがとうございます。

>ちょっと疑問なんですが、脱獄事件のイ○オが○脱獄犯を       .
>かくまった理由について、解明出来る仕様になっているのでしょうか?
>狐狩先生の推理段階でずっと「分からない」で妥協しているので…… .


その点は解明できない形になっていたような気がします。
裏設定だと旧友だったとか決めていたような記憶があるんですが、
情報のはさみどころがなくてそのままになってたような……。


>(片道勇者TRPGを遊んでくださっている方から)
>お忙しいと思いますがこちらのシートを張り付けさせていただきます。
>こちらはセッションはもう15回を数えていて、
>シナリオ的にも折り返し地点を過ぎたところ、でしょうか。


ありがとうございます! ってまだ27日しか経ってないのに15回!?
TRPGは、ルールも必要に応じて付けたし放題なのが魅力なので、
どんどん作ってみてください!情報いただければ参考にさせていただきます。
リプレイ作って仲間内にでも公開したりすると、いい思い出になりますよね。
(公開されているならぜひ読みたいという人もたくさんいると思いますよグヘヘ!)


>「いやー、楽しかったw 片道勇者TRPGリプレイ読み始めると         .
> 止まらないですね。GM大変でしょうがこれからも楽しみにしています」   .
>「サブラヒ帰還おめー しかし和服に着替えたらもうハムイじゃなくなる希ガスw」
>「ElonaネタにエクトルのMPダメージにほか色々と、笑いまくりでしたw    .
> 何のツールを使ってプレイしているのかが気になります」           .
>「サブラヒの瞳のハイライトが消えたけどバケツ被ってれば問題ないよね!」 .


TRPGリプレイ、読んでくださってありがとうございます!
最新の4話ではハムイが大人気ですね。4話では、ちょい役NPCが
予想外に仲間に加わって、GMは少しだけ頭を抱えていました。

ツールは、Googleスプレッドシートと、
Skype用のダイスボットを改造したものを使用しています。
「どどんとふ」のようにTRPGに特化したツールもありますので、
このあたりは人によってお好みのものをお使いください。
最近教えていただきましたが「富士見書房公式 TRPG ONLINE」という
サービスもあるようで、こちらも使えるかもしれません。
ダイスが振れてマップを書いたり張ったりできるならあとは工夫次第!
 
関連記事