■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2013/05/04 (土)  戦術STG5&TRPG5話 ■
【今週の落書き】


おおよそどなたでも同じなんですが、動物キャラの骨格は
人間以上にクセが出てしまいますね。



【戦術STG ネタ出し期間中】

今週は考えて考えて考える部分がメインの週だったので
ゲーム的な内容は細々とした調整やスクリプトの実装だけです。

お仕事でやってるとやっぱり毎週の成果が求められるものだと思うので、
こういうところばかりは、考える時間を取りやすいアマチュアで
よかったなとも思ったりします。

さて、ステージのネタですが、二つの面に分けてネタ出し中です。


【1】シチュエーション的な盛り上がり

ただいつも通り戦うだけでも、シチュエーション的に盛り上がれば
やっぱりちょっと楽しくなってくるものです。
RPGなどの楽しさといえば、やっぱりここにあるのではないでしょうか。
RPGの戦闘が無制限・無機質なランダムエンカウントじゃなくて、たとえば全部に
小さいイベント付きなら、飽きずに100戦でも200戦でもやれると感じます。

STGでは割と盛り上がりどころを用意しやすいと思うので、
テンションが上がるシチュエーションを可能な限り用意したいですね。

そして、どうしてこれまでに遊んだゲームのテンション上がったシーンを
メモしてなかったのかと悔やまれます!
たいてい、熱中して遊んでるのに気付かないくらい意識が溶けてるので
あとでメモするって発想にならないんですよね。感想文も苦手です。


【2】ステージ・ゲーム的なバリエーション

「敵が変わる」「クリア目的が変わる」などなんでもいいのですが、
これは「それまでとは違ったプレイが楽しめる」ようなステージの検討です

普通のRPGだと、ここの部分が最後まであまり変わらなかったりして、
私の場合、クリアまで持たなくて飽きてしまうことが多いです。
戦闘システムの基幹が最後までほぼ同じだとか、そういうところですね。

シルフドラグーンゼロでも、基本的に「敵」だけがちょっと変わる程度で、
他に何かあったといっても、たとえば「護衛」と言う名の「殲滅」だったりと、
結局は敵を倒すことに終始する内容でした。

今回は新たに「移動」要素が加わるので、色々ミッションの幅も広がりそうです。
たとえば偵察任務とか輸送とか敵の解析任務とかステルスミッションとかレースとか。
ただ、そういうのが非常に苦手な人もいるはずなので、
難易度調整はかなりしっかり行う必要があると思っています。

モノリスフィアでいうウサギ住人を守る護衛任務「女神の盾」ステージは、
護衛ミッションの例に漏れず、大変でしたね。
たいていどんなゲームでも、護衛ミッションって難しいと思います。


ネタ出ししていて、ちょっと面白そうな内容がボコボコ発掘されてきたので、
開発者としてもどんどん楽しくなってきています。
やっぱり、この考える時間が一番の楽しみですね!(あとの90%は山登り)



【片道勇者TRPG 5話公開!】

こっちもこっちでちびちび進んでいます、
片道勇者TRPGリプレイ第五話『図書迷宮』をアップしました!

今回は耳長人の集めた記憶が保存されているという
『永久図書館』の冒険、よければぜひご覧ください。

【片道勇者TRPG リプレイ公式へ】



以下はいただいた拍手コメントより抜粋です。
皆さまのコメント、いつも本当にありがとうございます!

>新作はSTGなんですね。個人的に苦手なジャンルなのですが、    .
>同じく苦手なACT(モノリスフィア)を初心者も楽しくプレイ        .
>できるように調整してくださったウルフさんの作品なので期待してます。


ご期待くださってありがとうございます! 期待に応えられるよう頑張ります。
私の脳内では「モノリスフィアは鬼畜ゲーの範囲に入るような気がする!」
という意識なので、どちらかというと次は思考ゲーに近い物になると思います。

今は、明快に判断してもらうための枠組みを考えるのに苦戦しています。
片道勇者なんかは、アイテム拾う→選ぶ→攻めるか退くか考える、という
割と分かりやすい循環の中で微妙な判断をしていただく感じだったのですが、
機体構成できるゲームだと「次のミッションに備えての機体構成」という
(たまに)多少の理不尽さが発生しがちな難易度の高い行為が要求されたり、
特殊な挙動のゲームによくある「普通と違う戦術」が要求されたりする場合もあるので、
その辺をうまく学んでもらえるようにする方法を検討中です。

いつも、「新しいけど取っつきやすい」を目指していきたい所存です。



そういえば最近のエースコンバットシリーズなどでは、ミッション開始時に
増援やエースの存在もあらかじめ教えてくれるんでしょうか。
いえね、対地ミッションだと思ってA-10(遅い対地攻撃戦闘機)で出撃したら、
そのミッション後半で空戦が発生したときの絶望感がですね……。

→ AC5あたりから機体能力がミッション遂行に足りないと警告を受けるようですね。
こういう仕組みは参考にさせていただきたいと思います。マジ重要。
 
関連記事