■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2013/10/26 (土)  片道勇者+ その19 ■
 
【片道勇者+ その19】

今週はガッツリ、新クラス編の作業を進めていました。
クラス編は今週で全部終わるかなと期待していましたが、
おまけイラストや新クラス用の特別エンドがまだでした、惜しい!

新しいクラスは以下の三種類!

【理騎士】
自己強化能力に優れたバランス型タイプ、全能力が平均的に上昇。
フォース「光の剣」を使えば、攻撃が光ってヴンヴン鳴ります。
性能的には思った以上に地味です、サマルトリアの王子様タイプ?

【忍者】
最大LIFEや最大STを消費して一撃だけすさまじい攻撃を行ったり、
壁や障害物を抜けてワープできたり、強力なトラップや
投げ武器を作れたりします。筋力・敏捷・意志がよく上昇。
超強力なクラスですが、命の削りっぷりも半端ありません。

【観光客】
最弱。「旅行記」を完成させるという特殊な使命を帯びています。
そのためには数千kmにおよぶ壮大な旅が必要です。


初期能力もレベルアップによる能力成長も最弱!
お金が多いのと、こっそり元気度の消耗が少ないのが特徴です。



【片道勇者TRPG 12話公開!】

だいぶ間が空いてしまいましたが12話『分かつ心』を公開です!
砂漠の中で遺跡に向かう組と街で補給する組の
2つのグループに分かれてしまった一行。
今回は遺跡に向かったロイスたちの物語です。

【片道勇者TRPG公式ページ】



【IGF 2014にエントリーしました】

海外で行われる「Independent Games Festival 2014」という
コンテストもとい祭典に「片道勇者」の英語版をエントリーしました!

IGF2014 片道勇者(One Way Heroics)掲載ページ
http://www.igf.com/php-bin/entry2014.php?id=2614

4年前に「出すぞー!」と意気込んでいた願いが今さら叶いました。
これもPLAYISMの皆さまと、ここまで応援してくださった皆さまのおかげです。
本当にありがとうございます。ほぼ15周年にしてようやくです。

ただ、何か結果を出せそうかといわれると、奇跡が起きない限りは困難です。
賞っぽいのは「各部門で数人だけのファイナリストに選ばれる」以上のみ!
658作品もある中から選ばれる確率は限りなくゼロに近いでしょう。

身近な人のゲームでも、片道勇者より10倍以上確率が
高そうな作品ばかりなので、世界の、そして日本の壁を感じます。

それでも私は私で、マイペースに作っていくだけですね。
たまたまコンテスト向けなゲームができたら、たまに玉砕する感じで
ちょうどいいんじゃないかなと考えています。
日本勢が誰かファイナリスト行くといいなあ!
これまでの傾向を見る限り、1人でも通れば伝説になるレベルなんですよ。



以下は拍手コメントです、いつも本当にありがとうございます!

>TRPGリプレイ、楽しみに待たせて貰います。  .
>質問なのですが、一回のセッションには     .
>どれぐらいの時間をかけておられるのでしょうか。

短いときは3~4時間、長いと6~8時間になるときもあります。
オンラインセッションだと時間がかかりますね。


>片道勇者で、最近2000kを越えられないという報告がwikiや
>スレの方で多いのですが、何か心当たりはありますか?  .

まず、「2000kmを越えられる条件」がオンになるデータは、
「一度でもどれかのクラスで2000kmクリアした後に
新たにプレイを開始したデータ」
のみです。

なので、「初めて2000kmに行ったデータ」や
それ以前に遊んだセーブデータ」をロードしても、
2000kmを越えることはできません。

また、古いバージョンだとクリアフラグが消えるバグがあるので、
「2000km行ったフラグ」が消えてる可能性があります。
現在の最新版はVer1.698(DL版なら1.692)です。

これら以外だとバグの可能性があります。
というか、そもそもこの仕様が分かりにくいので、
一度クリアしてたら、どのデータからでも
2000kmオーバーできるようにしていいかもしれませんね。


→ 2013/10/27 ごめんなさい、確認したところこの現象はバグでした!
Ver1.699で修正してみました。これで、初めて2000km越えしたデータを
ロードしても2000km越えできるようになりました。


>ウディタに同封されているグラフィック合成器で
>作った素材は、ツクールでも使えるのでしょうか?

パーツによっては制限があるかもしれませんが、
ウディタに同封されてるデータの範囲では
「ツール問わず」なのでツクールでもプログラム作品でも
問題なく使えますよ。スマホ作品でもたまに使われてるそうです。
 
関連記事