■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2013/11/30 (土)  片道勇者+ その24 ■
【片道勇者+ その24】

今週は英語版リリースのためにあたふたしていたのがメインでした。
そう、ついに英語版が11/29金曜日にリリースされたんです!
これもPLAYISMの皆さまと応援してくださった皆さまのおかげです、
本当にありがとうございます!

ちなみに英語版の内容は、いま公開されてる日本語版と同じものです。

【公開サイト PLAYISM内 One Way Heroics】(英語)
 


片道勇者+を作ってきた今から見るとオリジナル版のアラが多すぎて
心配になりますが、たぶん日本版でいただいたコメントと似たような内容が
これから英語で届くんじゃないかなあと思っています。

売れてるかどうかは私には分かりませんが、
検索でタイトルが引っかかった数を見る限りでは、
今のところは静かな滑り出しという感じです。
売り上げがローカライズ人件費に足りなかったらどうなるのか
書類のどこにも書いてなくて心配です。内臓だけはダメェ!


さてそんな冗談はともかく、一方のプラス版のほうは
総合バランス調整を行っていました。
特に、後半の敵の強さの調整! 敵に関しては、9000kmに来ても
ギリギリ戦える程度に調整したいと考えています。

それと、今後も引き続き行いますが、主人公の能力インフレによる
能力の無意味化や画一化への対策を色々検討中です。
仲間にするときは魅力を消費するタイプに変えて、
色んなところでNPC傭兵を拾えるとか、各能力や知力を消費して
技やフォース覚えられるとか、色々工夫してみたいところですね。



以下は気になった拍手へのコメント返信です。いつも皆さまありがとうございます。

>>ほぼ全ての「付与」に「消耗速度の増加」がセット
>これって、付与に「応急」が追加する形ですか?
>(例:火炎が追加されると応急も追加される。一度に二つ)
>それとも、付与に「応急」効果がセットになっている形ですか?
>(例:火炎に応急がセットとして組み込まれている)

火炎そのものに消耗速度+20%が入っているので、後者の形です。
消耗増加率は、弱いのは20%(2個目以降なら10%)、強いのは60%などで、
応急の+100%(2個目以降50%)よりは小さめの増加率とする予定です。

あと引き継ぎは、今のところはできない前提で考えてくださる方が安全です。
無効になったデータをどうするかとか、フォーマットが変わったので
安全にコンバートする処理を作るのが大変とか、悩みどころが多すぎて!


>そういえば、シルバーランスってどうなったんでしょうか?
>あと手配度上昇で殺し屋だか暗殺者だかが
>襲撃してくるとかってのもどっかで見たような気が
>するけど・・あったとしても有料版のほうなのかな

シルバーランスはオリジナル版のほうにもう実装されていると思います。
手配度が上がりすぎると暗殺者が襲ってくるイベントは、
オリジナル版では起動しないバグがあって翻訳前提だといじれないので、
これはプラス版要素として組み込む予定です。お楽しみに!
 
関連記事