■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2007/08/07 (火)  ゲーム開発との出会い ■
現在は「これから何しようかな」と考えつつ、
ネタ帳に思いついたことを色々書き留めている充電期間中です。

特にネタもないので、ツクールに触れてから今に至るまでの
ゲーム開発歴の思い出などでも書こうと思います。
初めてツクールという存在に触れたのは
RPGツクール スーパーダンテ(SFC)でした。
サンプルゲームとして入っていたフェイトが、生まれて初めて遊んだ
ツクールゲームということになりますが、この時期はイベントを
ちょこっといじってみたりするくらいで、ただツクールを
使ってみるのが楽しかった時期だったと記憶しています。

で、スーパーダンテに入っていたチラシに
ソフコンという雑誌のことが載っているのを発見。
なんとツクール&ゲーム投稿雑誌!自分は運命の出会いを感じました。
当時非常に若いながらも、いつかソフコンに投稿してみたいという
気持ちは抑えきれず、RPGツクール2(SFC)、続いて
RPGツクールDante98II(PC98)、RPGツクール95(Win)を購入。
PC版からは、自作画像などにもトライしながら
ちょこちょこ開発をしていたのですが、
結局一本も完成させることなく終わりました。この間、約4年ほど。
ツクールに出会ってから4~5年は
何も完成させることができなかったのです。

が、全てを変えたのはシミュレーションRPGツクール95(Win)でした。
最初は普通のSRPGを作ろうと思っていたのですが、
結局途中で飽きて長いこと放置していました。
変数操作&変数の条件分岐が使用可能なのが最高の利点だったのですが、
RPGは作れないので、この機能を持ったRPGツクールがあればいいのにと
中途半端な気持ちでモヤモヤしていたのです。
が、突然思い立って何か作ってみようと思い、
ある休日、数時間ほど必死に頑張って
レジェレス(SRPGツクールでADV!)の1話を作成。
(当時はこれだけで気力の全てが失われるほど消耗してました)

これを友達に遊んで貰ったところ、
なんと自分のゲームで笑ってくれました!
一生でこれほど嬉しかったことはなかったと思います。
短いながらも、自分の作ったもので楽しんでもらえたのですから。

一回喜んでもらったのを見たら、後は不思議なことに
やる気が無限に沸いてきました、そのときの衝撃は今でも覚えています。
それまで自発的な行動で誰かに喜んでもらえたことなどなく、
自分って生きてる意味ないなあとか嫌世的な発想しか
持っていなかったので、突然人生が変わった気分でした。

そして、誰かに喜んでもらうために作ろうという気持ちが
自分のゲーム開発の根本なのは、今でも変わってません。

それから、いつかオリジナルのキャラで物語を描きたいと思い、
その時点から絵の練習をしつつ何年か経って、
RPGツクール2000(Win)を購入、シル見を作り始めました。
それからは色々あってよく覚えていませんが、
今になってみるとずいぶん長い道のりを歩んできたなあと思います。
これもひとえに、サイトに来てくださっている皆さんのおかげです。
ありがとうございます。

ただこうやって見てると、ぶっちゃけ普通にやってる限り
ゲームなんて完成しない方が当たり前だよなあと思いました。
一回でも誰かに喜んでもらえたという経験があるのとないのとでは
かけられる労力にも差が出ると思います。
なので、最初はミニ作品から作ってみると良いというのは
非常に理にかなっていると思います。

ということでウルフRPGエディターをよろしくお願いします!!
そのうち機能評価版(※バグ小入り覚悟)リリース!

ちなみにウルフエディターは現在大きいバグ取り中です。
しぼりきったつもりのぞうきんでも、ジワジワしぼってると、
意外と水が出てくるもんですね。
関連記事

▲追記を閉じる▲

 
初めてツクールという存在に触れたのは
RPGツクール スーパーダンテ(SFC)でした。
サンプルゲームとして入っていたフェイトが、生まれて初めて遊んだ
ツクールゲームということになりますが、この時期はイベントを
ちょこっといじってみたりするくらいで、ただツクールを
使ってみるのが楽しかった時期だったと記憶しています。

で、スーパーダンテに入っていたチラシに
ソフコンという雑誌のことが載っているのを発見。
なんとツクール&ゲーム投稿雑誌!自分は運命の出会いを感じました。
当時非常に若いながらも、いつかソフコンに投稿してみたいという
気持ちは抑えきれず、RPGツクール2(SFC)、続いて
RPGツクールDante98II(PC98)、RPGツクール95(Win)を購入。
PC版からは、自作画像などにもトライしながら
ちょこちょこ開発をしていたのですが、
結局一本も完成させることなく終わりました。この間、約4年ほど。
ツクールに出会ってから4~5年は
何も完成させることができなかったのです。

が、全てを変えたのはシミュレーションRPGツクール95(Win)でした。
最初は普通のSRPGを作ろうと思っていたのですが、
結局途中で飽きて長いこと放置していました。
変数操作&変数の条件分岐が使用可能なのが最高の利点だったのですが、
RPGは作れないので、この機能を持ったRPGツクールがあればいいのにと
中途半端な気持ちでモヤモヤしていたのです。
が、突然思い立って何か作ってみようと思い、
ある休日、数時間ほど必死に頑張って
レジェレス(SRPGツクールでADV!)の1話を作成。
(当時はこれだけで気力の全てが失われるほど消耗してました)

これを友達に遊んで貰ったところ、
なんと自分のゲームで笑ってくれました!
一生でこれほど嬉しかったことはなかったと思います。
短いながらも、自分の作ったもので楽しんでもらえたのですから。

一回喜んでもらったのを見たら、後は不思議なことに
やる気が無限に沸いてきました、そのときの衝撃は今でも覚えています。
それまで自発的な行動で誰かに喜んでもらえたことなどなく、
自分って生きてる意味ないなあとか嫌世的な発想しか
持っていなかったので、突然人生が変わった気分でした。

そして、誰かに喜んでもらうために作ろうという気持ちが
自分のゲーム開発の根本なのは、今でも変わってません。

それから、いつかオリジナルのキャラで物語を描きたいと思い、
その時点から絵の練習をしつつ何年か経って、
RPGツクール2000(Win)を購入、シル見を作り始めました。
それからは色々あってよく覚えていませんが、
今になってみるとずいぶん長い道のりを歩んできたなあと思います。
これもひとえに、サイトに来てくださっている皆さんのおかげです。
ありがとうございます。

ただこうやって見てると、ぶっちゃけ普通にやってる限り
ゲームなんて完成しない方が当たり前だよなあと思いました。
一回でも誰かに喜んでもらえたという経験があるのとないのとでは
かけられる労力にも差が出ると思います。
なので、最初はミニ作品から作ってみると良いというのは
非常に理にかなっていると思います。

ということでウルフRPGエディターをよろしくお願いします!!
そのうち機能評価版(※バグ小入り覚悟)リリース!

ちなみにウルフエディターは現在大きいバグ取り中です。
しぼりきったつもりのぞうきんでも、ジワジワしぼってると、
意外と水が出てくるもんですね。
関連記事