■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2014/03/01 (土)  Steam販売開始! ■
【Steamで片道勇者が発売されました】

色んな人達や皆さまの手助けにより、本日午前3時、
Steamにて「片道勇者 / One Way Heroics」がリリースされました!

【Steam購入ページへのリンク】




何がよかったのか、Steamトップページの「おすすめPC用ゲーム」の
目立つ場所にまで載せてくださって、スタートはとても順調なようです。
バナーのクリック率がよかったので、それが効いたのかもしれません。
(Steamが目立つところに載せてくれる基準は、クリック率などの
データに基くよ、というようなことが説明書に書いてありました)



なお、内容はフリー版とほぼ同じなので、
すでに散々プレイ済みの日本の皆さまにとっては
私への金銭的援助を目的として買ってくださる以外、
あまりこれといった価値はないと思います。


2014/3/1 18:31 追記
Steam版は【プラス版ではありません】のでご注意ください!
インターフェース調整やデータ追加を行った【プラス版】は
現在開発中であり、どこにもリリースしておりません。


いちおう、Steam版とフリー版の違うところを述べますと以下の通りです。


【1】Steamのオマケが付く
これはもっぱらSteamで遊んでおられる人しか得をしませんが、
「トレーディングカード」や「Steam内で使えるアイコン」がもらえます。
レアなトレカやアイコンを引くとSteamのマーケットで$10で売れたりして、
買った値段を取り戻せたりすることもあるという面白い仕様です。


【2】ちょっとだけ創世時のロードが早い
ちょっとがんばりました。
40%カットくらいになってると思います。


【3】英語版も遊べる!
ただし「日本語版とはセーブデータ・サーバは別」です!
英語版モードでは日本語が表示できないためですね。


【4】プラス版に向けてのプレイ統計がこっそり記憶される
プラス版ではクラス別の統計を表示できる機能が
追加されるのですが、Steam版からは内部的に
それに備えたデータ蓄積を行うようになっています。

たとえばSteam版で剣士で30分遊んでプラス版にセーブをコンバートすると、
プラス版で新たに増える「クラス別データ一覧」ページでも
剣士のプレイ時間が30分になっている、という具合です。

フリー版やPLAYISM英語版ではこれらの統計データは
記憶されませんので、ご了承下さい。


【5】ネットの接続先がSteam専用サーバになってる
プレイヤー一覧の表示や、世界別のクリア者の保存は
Steam版専用のサーバによって行われておりますので、
フリー版とSteam版で一緒にプレイすることはできません、ご了承ください。


【6】クラウドセーブでデータ保管も安心!
Steamのクラウドセーブ機能により、システムセーブデータは
常時Steamに保存されています。これで何ができるかというと、仮に
アンインストールして、別のパソコンで同じSteamIDでログインして
再びインストールし直した場合、「アンインストールした時点の
システムセーブデータから再開できる
」のです!
ただし、旅の途中でセーブしたデータは容量の都合で保存されません。


という感じです。これ以外は、フリー版と同じとなっております。



以下は拍手返信です、Steam版を買ってくださった皆さま、
本当にありがとうございます。

>Steamというものがどういう存在なのか分かっていない
>イマイチな私ですが、きっとすごいことなのだろうなぁと
>心の中で拍手することしきりです。京都のイベントも
>成功しますようにお祈りしていますっ!         .

ありがとうございます! Steamはだいぶメジャーみたいなんですが、
日本にいるとどのくらいすごいのか私にもよく分かりませんね。

京都のイベントは一般の皆さまもご参加いただけますので、
もしお暇な方は、よろしければぜひ3/8~3/9のみやこめっせまでどうぞ!


>Steamの配信を見てここまで辿り着きました! こうやって日本の
>ゲームが登録されるのは同じ日本人ユーザとして嬉しく思います。
>最近は女性の方も含め、日本のSteamユーザは増えている印象です。
>早速開発してきましたのでこれから少しづつ遊ばせていただきます。


うおおーフリー版とほぼ一緒なのにご購入ありがとうございます!
(※注:Steamで購入することをスラングで「開発する」という)
最近はGreenlight(ユーザによるゲーム登録審査)も通過しやすくなったのと、
日本にも力を入れるというような公式のコメントが
あったとかなかったとか聞いたので、
日本のゲームも少しずつ載るようになるかもしれませんね。
日本の開発者として恥ずかしくないよう、やれるだけがんばります。
 
関連記事