■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2014/03/06 (木)  BitSummit告知 ■
【BitSummitのお知らせ】

今週は3/7~3/9のBitSummitに向けての準備や、
確定申告のミスがあったことが発覚してドタバタしたり、
Steamリリース後の対応で忙しい場面がありました。

Steamのほうは発売5日後にして売り上げ上位ランキングの
100位外へとさようならしてしまいましたが、
ローカライズ費用は無事返せそうなので赤字は回避確定です!
買ってくださった皆さま、本当にありがとうございました!



さて、今回は間近に迫ったBitSummitのお知らせです。
BitSummitはインディーゲームの展示会みたいなイベントで、
日本だけでなく海外からもチームが集まる予定だそうです。
色んなゲームの体験ができると思いますので、お近くの方はぜひ。

で、そのBitSummitの一般開放デーは3/8(土)と3/9(日)の二日間です!
この日は一般の皆さまが入場可能で、場所は京都の「みやこめっせ」です。

オープン時間は、
3/8(土) 昼12時~夜19時まで
3/9(日) 朝10時~夕方17時まで

となっております! 入場料は500円



【SilverSecondは何を展示しているの?】

移動時に壊れていなければ、必死にかき集めてきたパソコン二台で
片道勇者プラス」を展示しています。もちろんプレイ可能ですよ。
新クラスや新システム、新キャンペーンを体験していただくことができます。
新ストーリーは未実装です。あと新クラスの中で忍者が
ちょっと弱いんですが、事前のテストを受けて今後ちゃんとテコ入れ予定です!

が! ぶっちゃけ、会場でサラっと遊ぶ分にはさほど大きな違いは
感じられないかもしれません。基本は同じですからね。

あと、せっかくの物理的なイベントということで、
生まれて初めての物販に挑戦することにしました。
販売するものはこれです!


ドドーン! 片道勇者の登場キャラクターより、
ネムリ(薬士)の2.5cmメタルストラップです! 

ネムリ部分だけでなく、ヒモの部分までワンセットで一つ税込500円予定です。
ご縁があって、同人サークル「ギロチン銀座」(新ウィンドウ)ギロチン様に
グッズをデザインしていただきました。誠にありがとうございます!

印刷物ならまだしも、こういうグッズは使える色やデザインの細かさの限界、
生産にかかる時間など、暗黙的な技術的制約が色々と多そうなので、
手軽に試行がしやすいネットの仕事とはやはりちょっと違うようです。


でご購入に関しては、現地で黒い帽子かぶってたりサングラスをかけてる人が
サンドイッチマンのようにお腹と背中に商品案内のプレートをぶら下げながら
ブースの近くに立ってるか座ってるかしていると思いますので、
一言、「ストラップくださーい」とお申し付けください。
容姿に多少の誤差があってもお気になさらず。

なるべくお釣りが出ない方が嬉しいです。
もしお持ちでなくとも、入場料金が500円であることを利用すれば、
500円玉を用意することは簡単かもしれません。

あまりにストラップの人気が高かったり、逆にあまりに余ってしまった場合は、
どこかに通販を委託したり追加生産することも検討しています。
が、ぶっちゃけ在庫をあまり持ちたくないので、やや慎重です。
売り切れてしまったらごめんなさい!



【どこにいるの?】

会場の入口を通り過ぎたら、たぶんそこから
左斜め前に20m以内の場所にいると思います。


会場図(PDF)より

その他、イベントに関する細かい情報は
すべてこちらのサイトに載っていますので、
じっくり見て回ろうとお考えの方はぜひチェックを!

http://bitsummitmmxiv.indie-stream.net/



以下は拍手返信です、たくさんSteam掲載のお祝いコメント、
ご購入コメント、本当にありがとうございます!

>実績妖精やめよっかな…の英語版名称がFind a
>new jerbになってますけどjobのスペルミスですか?

私も最初見たときに気になって訳者の人に聞いたんですが、
そういうネタだそうです。


>片道勇者プラスはSteamで販売されるのでしょうか?
まだ確定したことは言えませんが、Steamでは
片道勇者のDLC(ダウンロードコンテンツ)として
販売される線が有力だと思います。
事故が起きてどこかで交渉を大きくミスってしまった場合は
実現しませんので、成功するようPLAYISMさんの方に祈っておいてください。


>加速モードもアンロック要素なのでしょうか?
>アンロック要素じゃないとそれが普通になって
>ありがたみも減る気がします。          .

プラス版では最初から使用可能です。プレイの幅を
広げるというよりは、快適なゲームプレイに必須なものですからね。
もしこれが「プレイの幅を広げる要素」なら、
積極的にアンロック要素にするつもりです。

新しく搭載されたクラスなどは、専用のシナリオをクリアして
ようやく入手できるというワクワク展開が待っておりますので、
ちょっとだけご期待下さい。


>Steamらしく箱コンで快適プレイができるように、左スティックと
>左十字どちらでも移動や選択ができるようにして頂けませんか?

確かに、私もいちいちコントローラのMODEボタンを押して
切り替えているので、もっと簡略化したいです。
キー入力周りはかなり危険性が高く、たくさんの検証が必要な
修正になると思うのですぐには直せないと思いますが、
次回のウディタ修正時の検討事項として入れさせていただきます。


>フリーダ王女の英語での称号がQueenに
>なってましたがPrincessなのでは?  .

欧米の文化的な背景でストーリー上そっちのほうが安全だったとか、
外見がそれっぽいからとか勝手に解釈してましたが、
詳しいことは訳者の人に聞いてみないと分かりませんね。
王様のお嫁さんという意味だったらちょっとウフン度が上がりますね。
ストーリー的には、義理の娘でも若すぎる奥さんでも内容は一緒なんですけど。


>ちょっとした要望なのですが、スチーム版でクリアしたセーブデータ・  .
>というよりかはクラスや次元倉庫といったシステム的な解放・周回要素を
>エクスポートして、通常の+版にインポートする、みたいなことは     .
>追加実装出来そうでしょうか。                        .

ご安心ください、すでに搭載済みです! たとえばSteamで
プラス版を買って起動した場合、システムデータの内容を
通常版からプラス版にコピーするか最初に尋ねられる予定です。
コピーされるのは、次元倉庫の中身や伝説ポイント、
エピローグやクラスの解放状況、クリア状況などです。
(Steam版なら簡単なプレイ統計もコピーされます)

なお、アイテムの内部処理や装備の前置詞のバランスが変わったため、
「次元倉庫に入っていた装備」だけは「付与が全部消失」、
「耐久度が最大になる」という扱いを受けますのでご了承下さい。

一度データをコピーしたあとは、通常版とプラス版はそれぞれ
別個のセーブデータとして扱われます。片方のデータが
もう片方に影響を与えることはありません。



それでは、3/8~3/9は、よければぜひBitSummitまでお越し下さい。
 
関連記事