■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2007/08/31 (金)  WOLFエディター続報1 ■
ウディタ(WOLFエディタの略だそうです)の
α版を公開しましたが、早速使ってみますーという方が
いらっしゃって、とても嬉しい限りです。

いくつかバグ修正しました。

WOLF RPGエディターα (ver0.72) 1.4MB
[ver0.71→0.72の修正点]
・「イベント接触」の起動条件が機能していなかったのを修正
・フルスクリーン時にマウスカーソルが出ないよう修正

下の記事で書き忘れていた点があったのでここに列挙します。
(これらの内容は今回更新時の指南書に追加済みです)

【マップチップの規格】
320x240は1マス16x16ピクセル
640x480は1マス32x32ピクセルで、
配置の仕方は横8マス×高さ∞マスとなります
(ツクールXP仕様とも言います)
RPGツクール2000用の素材をそのまま使おうとすると
マップがバグってしまうと思うのでご注意下さい。
【キャラクター画像の規格】
・以下は、全て基本設定で「アニメパターンが3パターン」の
場合を想定した説明となっています。

・グラフィックが4方向のときは、横3体×縦4体で配置してください。
 4方向の場合、上から「下・左・右・上」向きの画像です。
 横に並んだ3体は左から順に「右足前 停止 左足前」の
 アニメパターンとなります(8方向の場合も同様)

・8方向の場合は、横6体(パターン数×2)×縦4体で
 キャラ配置してください。
 8方向の場合、左側の3体は上から「下・左・右・上」向き、
 右側の3体は上から「左下・右下・左上・右上」向きとなります。
 テンキーの数値の小さい順に上から配置されるとお覚え下さい
(例えば2,4,6,8=下・左・右・上の順)。

・特殊機能として、キャラクター画像のファイル名の末尾を
T.png、TX.pngにすると、停止時の画像と移動時の画像を
一枚の画像に同時に配置することが可能になります。

[T.pngの場合]
もともとの仕様で「右足前 停止 左足前」だった部分が、
「停止 右足前 途中 左足前」の順に配置され、
横4体(パターン数+1)になります。縦は4体のままです。
キャラが移動していない状態では「停止」画像が延々表示され、
動いているときは右三体でアニメーションします。

[TX.pngの場合]
もともとの仕様で「右足前 停止 左足前」だった部分が、
「停止1 停止2 停止3 右足前 途中 左足前」の順に配置され、
横6体(パターン数×2)になります。縦は4体のままです。
キャラが移動してない状態では
「停止2→1→2→3→2→1→…」という順にアニメーションし、
移動中の場合は右三枚でアニメーションします。

・パターン数が5パターンの場合は上の各場合で
横3体だったのを全て横5体に置き換えて考えてください。
【マウス表示について】
フルスクリーンで遊んでいるときもマウスが出っぱなしに
なっていましたが、今回の修正でフルスクリーン時は
マウスカーソルが出ないように修正しました。
【既知の不具合…不透明度255でも画像が透けてしまう】
これはサンプルゲームで再現可能な不具合なのですが、
Configで描画モードを「ソフトウェア」にした上で、
テストの妖精によって「背景を表示」させると、
一部チップの下に背景が透けてしまう現象が発生します。
これは、WOLFエディタに使用しているDXライブラリ側の
問題であるため、現在修正待ちです(バグは報告済み)
どうも、淡い色の画像は不透明度が255にならないようです。



ただ、WOLFエディタのダウンロード数の微妙っぷりには涙が出てます。
普通のゲームソフトと比べたらそりゃ
みんながみんな使うわけないよなー、という感じもしますし、
こういう系のツール真面目に作るくらいなら普通にゲーム作った方が
サイト的にも(そして商業的にも)有利なのは明らかだと思います。

こちとら元々自分用なので、ついでに皆さんに使っていただけたら
嬉しいなあという感じで全然良いのですが、
利益を得て社員の人達を食べさせなければならない立場の
エンターブレインさんが最近ツクールに
乗り気じゃないっぽいのはちょっと納得できました。
公開してもヒット数がいつも通り(10%増?)なのを見れば一目瞭然。
実はそんなに需要がなーい!
それとも、来客数が増えないのはそもそもウチが
ゲーム配布サイトだからなのかなあ、うーむ。

でも需要は少なくとも、自分が使う限りは改造し続けます。
関連記事

▲追記を閉じる▲

 

【マップチップの規格】
320x240は1マス16x16ピクセル
640x480は1マス32x32ピクセルで、
配置の仕方は横8マス×高さ∞マスとなります
(ツクールXP仕様とも言います)
RPGツクール2000用の素材をそのまま使おうとすると
マップがバグってしまうと思うのでご注意下さい。
【キャラクター画像の規格】
・以下は、全て基本設定で「アニメパターンが3パターン」の
場合を想定した説明となっています。

・グラフィックが4方向のときは、横3体×縦4体で配置してください。
 4方向の場合、上から「下・左・右・上」向きの画像です。
 横に並んだ3体は左から順に「右足前 停止 左足前」の
 アニメパターンとなります(8方向の場合も同様)

・8方向の場合は、横6体(パターン数×2)×縦4体で
 キャラ配置してください。
 8方向の場合、左側の3体は上から「下・左・右・上」向き、
 右側の3体は上から「左下・右下・左上・右上」向きとなります。
 テンキーの数値の小さい順に上から配置されるとお覚え下さい
(例えば2,4,6,8=下・左・右・上の順)。

・特殊機能として、キャラクター画像のファイル名の末尾を
T.png、TX.pngにすると、停止時の画像と移動時の画像を
一枚の画像に同時に配置することが可能になります。

[T.pngの場合]
もともとの仕様で「右足前 停止 左足前」だった部分が、
「停止 右足前 途中 左足前」の順に配置され、
横4体(パターン数+1)になります。縦は4体のままです。
キャラが移動していない状態では「停止」画像が延々表示され、
動いているときは右三体でアニメーションします。

[TX.pngの場合]
もともとの仕様で「右足前 停止 左足前」だった部分が、
「停止1 停止2 停止3 右足前 途中 左足前」の順に配置され、
横6体(パターン数×2)になります。縦は4体のままです。
キャラが移動してない状態では
「停止2→1→2→3→2→1→…」という順にアニメーションし、
移動中の場合は右三枚でアニメーションします。

・パターン数が5パターンの場合は上の各場合で
横3体だったのを全て横5体に置き換えて考えてください。
【マウス表示について】
フルスクリーンで遊んでいるときもマウスが出っぱなしに
なっていましたが、今回の修正でフルスクリーン時は
マウスカーソルが出ないように修正しました。
【既知の不具合…不透明度255でも画像が透けてしまう】
これはサンプルゲームで再現可能な不具合なのですが、
Configで描画モードを「ソフトウェア」にした上で、
テストの妖精によって「背景を表示」させると、
一部チップの下に背景が透けてしまう現象が発生します。
これは、WOLFエディタに使用しているDXライブラリ側の
問題であるため、現在修正待ちです(バグは報告済み)
どうも、淡い色の画像は不透明度が255にならないようです。



ただ、WOLFエディタのダウンロード数の微妙っぷりには涙が出てます。
普通のゲームソフトと比べたらそりゃ
みんながみんな使うわけないよなー、という感じもしますし、
こういう系のツール真面目に作るくらいなら普通にゲーム作った方が
サイト的にも(そして商業的にも)有利なのは明らかだと思います。

こちとら元々自分用なので、ついでに皆さんに使っていただけたら
嬉しいなあという感じで全然良いのですが、
利益を得て社員の人達を食べさせなければならない立場の
エンターブレインさんが最近ツクールに
乗り気じゃないっぽいのはちょっと納得できました。
公開してもヒット数がいつも通り(10%増?)なのを見れば一目瞭然。
実はそんなに需要がなーい!
それとも、来客数が増えないのはそもそもウチが
ゲーム配布サイトだからなのかなあ、うーむ。

でも需要は少なくとも、自分が使う限りは改造し続けます。
関連記事