■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2014/11/29 (土)  片道勇者+ 58 翻訳前 ■
【片道勇者プラス(公開後) その58】 翻訳直前

今週も、これまでよりは少ない量ですが修正が入りました。
訳者さんにテキストを渡す締め切りまで残り数十時間に
なってしまったので必死にテキスト整理作業中です。

【今週の主な調整】
●旧10000km報酬は果てから+1000kmの冒険で入手可能に
●「人類には早すぎる」難易度と「マニアモード」の修正
●新特徴「強敵だらけ」「闇が速い」の実装
●相変わらず多くのバグの修正

翻訳用のテキストを提出した後に何か足したりいじったりすると、
色んな整合性が合わなくなって新たなバグやミスの元になりそうなので、
データ追加は基本的に今回で終了です。

ここからは数値の修正やバグ修正を中心に行っていきます。
いつもバグ報告や再現方法を送って下さる皆さま、
本当にありがとうございます。



【セールのお知らせ(無印版) 12/2まで】

Steamで片道勇者(One Way Heroics)の無印版87円 で販売中です!(12/2まで)

Steam上では、片道勇者プラスは「無印版のDLC」に位置づけられるため、
PLAYISMで片道勇者プラスをお買い上げになった方」で、
かつ「Steamでも将来プラス版を遊びたい人」は、この無印版のデータも必要です。

必要でしたら、いまのうちにぜひ。
Steamでは先日ウェブマネーも利用可能になりましたので、
余りをお持ちでしたらそれで購入することもできます。


↑はプラス版ではありません! プラス版はまだ【公式サイト販売】のみです!



【おすすめゲーム】

片道勇者プラスもう終わったんだけど、他に楽しめるローグライクないの?
という方もおられるかもしれません。せっかくなので、
私が個人的におすすめするゲームをご紹介します。
これもウェブマネーで買えます。

【FTL: Faster Than Light】


リンク先の映像をご覧になると「え?ローグライク?」と思われるかもしれませんが、
既存のローグライクの面倒な部分を簡略化し、判断要素だけを残したら
こんな感じになるだろうなという意味では新世代のローグライクだと感じます。

このゲームには非公式ながら日本語化MODがあるので、
英語が分からない私でもそれを導入することで遊びやすくなりました。
最近は漢字入りで日本語化できるMODがあるので読みやすいです。

さて、これがどんなゲームかというと、宇宙でSFな世界を舞台にした冒険で、
途中で現れる敵船を倒したりイベントをこなしたりしながらスクラップ(お金)を集め、
それで宇宙船を強化・武装の買い物をしながらマップの右方向に
進行し続け、最終的に待ち受けるボスを倒すゲームです。

左からはこちらの移動回数に応じて敵の軍団が押し寄せてくるので、
追いつかれないように右に移動し続けなければなりません。
どこかで見た光景なのでなじみやすいですね。

システム的にはシンプルにまとまっており、ショップで兵器を買ったり
クルーを雇ったり船の電力を増やしたりしてアップグレードする部分は、
英語が分からなくても何とかなるくらいです。
基本的にはスクラップ(お金)でどう強化するかの配分に迷いつつ、
ラスボス戦に向けてうまく生き残っていくゲームになります。

宇宙船同士の戦いでは、どの武器で敵のどこを狙うかの駆け引きが熱く、
最初に「火器管制」を壊して攻撃できなくするか、
「エンジン」を撃って回避率を下げるか、「シールド」を先に破壊するか……
と戦術を考える楽しさを味わえます。
それより、乗りこんできた敵クルーのいる場所を無酸素状態にして
窒息死させるほうが楽しいという人もいるかもしれませんね。
うっかりまちがえて宇宙船のドアを全解放してしまい、船内の酸素がなくなって
味方クルーをほぼ全滅させてしまったこともいい思い出です。

このゲームは倉庫などの引き継ぎ要素を持たないため、
基本的には毎回がガチ勝負のプレイになります。
片道勇者において、「次元倉庫なしの高難易度が好き」で
かつ「SFも好きな人」におすすめできる一作かもしれません。

あと、私はこのゲームのハードモードがいまだにクリアできません。
逆にイージーモードでも、片道勇者の最高難易度かハードくらいの難しさは
あるのではないでしょうか。やりごたえがある一作ですので、よければぜひ。
そして腕に自信がある方は私の代わりにハードモードをクリアしてください。
 
関連記事