■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2007/09/09 (日)  WOLFエディター続報2 ■
ウディタ最新版をアップしました。

※9/9 15:00以前にアップしていたバージョン0.73では
RPG.exeにて決定キーによるイベント実行ができません。
以下の0.735を再ダウンロードしてご利用下さい。

WOLF RPGエディターα (ver0.735) 1.5MB
[ver0.72→0.735の修正点]

【WolfRPGEditor.exe エディター部のバグ】

・コモンイベントで「キー入力」使用時、代入先を通常変数にすると、
 次に修正しようとした際に選択項目が5つズレるバグを修正

・「セーブデータの書き込み」がダブルクリックで修正できなかったのを修正

【RPG.exe 動作部のバグ】

・決定キーでイベントが実行できないバグ修正(0.73→0.735)

・ループ周りのバグ
 + イベントの移動がループされていなかったのを修正
 + ループの境界の向こうのキャラが消えるのを修正 

・イベントの場所移動時に挙動がおかしかったのを修正

・「半歩上に設置」チェックを入れても2ページ以上にすると認識しない
 ↓
【修正後】マップに入った瞬間に、実行条件を満たしているイベントページの
「半歩上に設置」チェックのみが適用されるようになりました。
もしどれも実行条件を満たさない場合は1ページ目のチェックを適用。

【新機能】 変数でキャラを指定できるようになった

・[■動作指定] (変数番号)のキャラを動作指定できるようにました。

・[変数操作+] (変数番号)のキャラのX、Y座標等の取得が可能になりました
(どちらも、キャラ選択欄の下の方に「通常変数」を追加しています)

なお、変数の値とキャラの対応付けは、
「-1=このイベント」 「-2=主人公」 「-3=仲間2」 「-4=仲間3」……
となっており、0以上の場合は「各々のIDのイベント」に対応します。
(例:通常変数0番に「3」を入れて「通常変数0番」で動作指定すると、
イベントID3番のキャラが動く、という具合です)

関連記事