■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2015/02/28 (土)  片道勇者+64 英語デバッグ ■
【片道勇者プラス その64】 英語版デバッグ中

英語ローカライズはデバッグの段階に入りました。
しかし書かれている英語が正しいのかそうでないのか分からなくて、
まったくもってデバッグの役に立ってない私です。
(※今はテキストの細かな文法や単語の使い方の
修正段階になってて戦力になってない)


英語α版のエンドロールに一人だけ名前が出ていない
かわいそうな不具合があったので妖精イーリスっぽい何か




英語への翻訳は、「sを付けずに複数形を表現する方法」があったりと、
ハタから見ている分にはとても勉強になります。
日本語だと「アイテム名の複数形」っていうテキスト項目自体が
ゲーム内に用意されてないことが多いはずなので、
同じ種類のアイテムを複数入手したときなど
ちょっと英語化に工夫がいるみたいです。
たとえばただのポーションでも「a potion」と「X potions(Xは2以上の数値))」で
分けておかないといけないので、素直にやるとしたら頭がパンクします。

あと、文章の先頭か否かで大文字小文字が変わってくるので、
そこもちょっと直しが必要になっています、というか
私がその辺の指示をあいまいにしてしまったのが原因なんですけど!
海外展開を考えている人は、自動的に文の先頭を大文字にする機能など
早めに入れておくとハッピーになると思います。
あとウィンドウからはみ出さないようにするための自動改行機能もほぼ必須!

そして他に大変そうなのが「主人公の性別が選択可能」なゲーム!
He/She・his/herなどを切り替えられるようにできる造りにしておかないと
訳者さんが絶望しそうです。ゲーム翻訳のプロの訳者さんだったので
特にその辺をシステム側で処理する必要なくあいまいに
書いてくださったみたいなんですが、実際大変ですよねこれ。

日本人は「大文字小文字」や「複数形」「he/sheの違い」などの意識が
希薄なので、テキストを訳してもらうときのうまい指示がとても難しいです。
ローカライズを前提にした造りでゲームを作る方法も、
まだ完璧に学んだとは言えません。

が、どのみちゲームが面白くなかったら海外展開をする必要はないので、
個人開発レベルならまず「面白いと思うものを作ろうぜ」という点に
集中するだけでいい気もします。海外対応を見越すとキリがない気がしてきました。

サイズが変更できないウィンドウに小さい文字でギチギチに日本語を
入れたりしてしまった場合は「同じ文字数内で訳せるすごい訳者さん」を
拾えなければアウトですが、そうでなければ
だいたい工夫と苦労次第で何とかなりますからね。

と思いましたが、自動改行機能だけはやっぱり入れた方がいいと思います!!
(ウィンドウ枠からはみ出してる説明テキストを見ながら)
 
関連記事