■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2015/04/25 (土)  片道勇者+68 英語版&フリカツ ■
【片道勇者プラス その68】 英語版発売!

<海外向けな一枚>


ということで、ついに英語版の
片道勇者プラス(One Way Heroics Plus)が
海外PLAYISMさんち(英語)にて発売されました!

ひとまずこれでバグが出ないか様子を見て、
問題なさそうなら6月か7月あたりにSteamでも発売予定です!

が、英語版は初っぱなからBGMが再生されない不具合が
発生したりして、直すのに少しドタバタしていました。

プレイヤー数が想定していたよりかなり少ない疑いがあるなので、
バグ検出率がどのくらいになるかが未知数なところです。
日本語版の挙動や修正内容自体はそのまま継承しているので、
問題はローカライズ関係のバグや要修正点がどれだけ残っているかですね。



【振リ勝ツ 7月30日発売予定】

「不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ」の
発売日が7月30日に決定したそうです!
http://www.famitsu.com/news/201504/23077312.html

記事にクラス選択画面が出てて、新クラスらしきものも載ってますね。
「盗賊」や「獣人」「ガンナー」「幻獣ハンター」などが新クラスだと思います。
(幻獣ハンターは見た目的にも性能的にもモンス(略)ーハンターぽい!)

4/23発売のファミ通には「ガンナー」の紹介も載ってたんですが
幻獣ハンターの説明やそれらを見る感じ、
どうもクラスまたはクラススキルに種族特効を設定して、
クラスごとの差別化を行っているようで、なるほどと思います。
※種族特効:特定の種族の敵にだけ優位を得られること

私はどちらかというとRPG制作において
種族特効や属性をあまり付けたがらないタイプなんですが、
ローグライクにおいては別かもしれません。
「種族特効」を設け、プレイを通して「得意な相手」と
「そうでない相手」を区分けし直すとクラスごとの遊び方の変化を
出しやすくなるはずなので、これは良い方法に感じます。

「風来のシレン」シリーズの武器設定にも同様の意図がありそうなので、
「あるプレイにおける有利な相手と恐い相手を変える」というのは
ローグライクのプレイバリエーション増加のための
有用な手段なのかもしれませんね。
この辺はやっぱり老舗(しにせ)、勉強になります。



あとクラス「幻獣ハンター」の「剣や打撃武器の扱いを得意としている」という
記述から見て、「不思議のクロニクル」ではクラス別に
「得意武器」が設定されてると思われるのも新たな特徴です。

得意武器の設定は原作のほうでも無印→プラス版の過程で
検討事項には挙がりつつ、調整できる気がしなかったので
結局入れてない要素です。
ちょっと補正を変えたところで、たぶん使う武器の優先順位は
そんなに変わらないだろうなと思ったのが一因ですね。

「クラスによっては強い剣より弱い斧を使った方が安全に戦える場面もある」
という局面が生み出せそうなら入れようと考えてましたが、私の中では
「変えるならドカーンと差別化する」か「簡単化するために全く入れない」かの
二択だったので、結局後者になった感じです。

今思うと、「騎士は槍を2倍の速さで消耗するけど攻撃力が1.7倍になる」
みたいな過激な差別化をしてもよかったかもしれません。
プラス版作成時は、「無印からバランスを大きく変えすぎないほうがいいかも」
という気持ちが強くて大きくいじれなかったので、上記のような差別化は
次にローグライク的なものを作るときに考えてみたいですね。
 
関連記事