■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2016/04/30 (土)  片道勇者開発記 13 発売! ■
【片道勇者開発記 13 発売!】

と、いうことでついに『片道勇者開発記』、発売です!
予定通りのウェブマネー500円(税込)なんですが、
これだとさすがに買いにくい方も多いと思いますので
Paypalの導入も検討したいなと考えています。
(契約や審査にも時間がかかるので何ヶ月後になるかは不明です)

とりあえず、今すぐ購入されたい方はこちらから!

【片道勇者開発記 公式ページ】


体験版用に書き下ろした冒険家C 落書き

※頭の上にケモ耳が生えてしまった半獣人は元の耳も含めて4つ耳になってしまいます。
ネムリみたいな横ケモ耳は、元の人間耳と入れ替わっています。



さて、この『片道勇者開発記』、一体どんな内容が入っているかというと……。

・【1章】 片道勇者に当然のように入っている要素が一体どういう意図で
入れられて生まれるまでにどんな試行錯誤があったか

・【2章】 面白く感じなかったゲームを面白く変えるためにいかなる考え方をして
何から学んで、どう良さを取り入れていったか

・【3章】 コンシューマゲーム展開時の、かなり正確な裏話

・【4章】片道勇者の設定資料集やボツネタ集、全データへの私からのツッコミ集

・【5章】そこそこ評価されている印象のサイドストーリーの小説


という感じなので、片道勇者ファンの方以外に、
ゲーム開発者の人にもおすすめできるかもしれません。
私がどう考えていたかや、失敗談からどう対策したかまで含めて書いてるので、
判断重視のゲームを作られる際にはこの本が経験値になると思います。

【4章】の設定資料集は『片道勇者プラス』までの内容を含んでいますが、
【5章】サイドストーリーは『片道勇者』(無印版)だけしか遊んでおられない方にも
物語としてほぼ完全にお楽しみいただける内容です。
120%まで目指すなら、フリーダ王女のエピローグまで見ていただいていると、
+αの分まで含めてお楽しみいただけるかもしれませんね。



【今後の展開】

『片道勇者開発記』の内容の評判自体は思ったよりいいみたいで、
これならレビューで★1乱舞ということもなさそうなので、
いずれKindleでも発売しようかなと考え始めています。

ただ、今あるゲーム版はこれはこれでたぶん背景がきれいだったりBGMが流れたり、
エンドロールまで付いてたりするので、フルでお楽しみいただきたい方は
ぜひ現状あるゲーム版をどうぞ! という形になると思います。

もしかしたら『片道勇者TRPG』と連携する形でチャンスがあるかもしれないので、
可能ならば6/20頃までのKindle発売を目指すべきなのかな、と考えています。
時間的にやれるかどうか分かりませんが、TRPGのお仕事もしつつ、
ひとまず次はそれを目標にしていきます。

あと、バグやデータ抜けなどもご報告をいただいているので、
それらについても早々に対応していきます。

それでは、『片道勇者開発記』、よければぜひ、お楽しみください!
 
関連記事