■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2018/07/07 (土)  片道勇者2【24】ヘルプとパラメータ ■
【片道勇者2 ヘルプ機能とパラメータ】

今週はウディコンの準備やら色んな問題への対応などに追われつつの開発となりました。

『片道勇者2』は、とても地味な部分ですが、
カーソルを合わせたときに出てくるヘルプ機能を実装したのと、
パラメータの整理をおこなっている最中です。


【カーソル合わせたときに出てくるヘルプ機能】


まだ入れ始めているところですが、
パラメータなどにカーソルを合わせると説明が出るようになりました。
すごく一般的に使われている便利機能であるにもかかわらず、
アルファ1には入っていなかったものです。

これを入れたおかげで、今後はゲージやパラメータを見て
「これどういう値なんだろ?」と思ったときに、
カーソルを合わせただけで直感的に調べられるようになります。

こういった「パラメータ」だけでなく、「カード」にカーソルを合わせたときにも、
詳細説明文が別に大きく表示される機能をただいま実装中です。
こうすればアイテムのどうでもいい背景説明も入れられますしね!



【パラメータのスッキリ化】

ついでに、開いた瞬間に「オエッ」と言ってしまいそうだったくらいに
文字の圧力がありすぎだったキャラメイク画面をスッキリさせるべく、
パラメータを色々削ったり並び方を整理したりしていました。



まず、基本パラメータを11個から9個に削減しました。
リストラされたのは「回避率」と「知識判定」の2つです。
(ここからまた1個くらい増えるかもしれません)

「回避率」は元々そんなに上がって欲しくないパラメータでして、
前作『片道勇者1』でも成長で伸びるのは最大40%(30だったかも)と制限をかけるほどで、
伸びきった後の扱いに悩む数値なので、この際ですから成長対象からはぶくことにしました。
今後は基本の敵の命中率を100%→85%などに下げてアルファ1と同等の感触にし、
なおかつ回避率を上げられるのはカード効果や特殊効果のみにします。

「知識判定」は、今回のシステムだとこれ以上の不確定要素は
いらないと判断して完全にボツにすることにしました。
「いるかいらないか分からない謎の装備」を色々持ち歩くというのは
今回のシステムだといまいち合わないと思うので、
不確定アイテムは基本的に出さない方向で考えています。

そしてここからスッキリ化を目指すべく、パラメータ2つの削減に加えて、
常時出さなくていい「固定値」の情報は
カーソル合わせ時のヘルプに放り込むことにしました。
「武器の攻撃力」のように、「特徴の選択によって
変わりやすいパラメータ」だけは表に出しておいて、
それ以外は通常は見えなくしています。
装備はカーソルを合わせることで、耐久度なども含めた詳しい性能を見られます。


それと、これは名前の変更だけですが、旧「攻撃力」は「筋力」に、
旧「理力」は「知力」という名称に変わる予定です。
「筋力」は「(カードに書かれている)物理攻撃の攻撃力」に補正が付く、
「知力」は「フォースの威力やアイテム使用時の効果が上がる」という言い方にします。
後者は特に、理力で爆弾の威力が上がるのも何か変ですしね。

なお、アルファ1では「攻撃カードに書かれている値(6~8とか出てるアレ)」を
「ダメージ」と呼んでいたのですが、ダメージというと
「攻撃力から敵の装甲も引いた最終値」っぽくてまぎらわしかったので、
今後は「攻撃カードに書かれている白い数値」を「攻撃力」と呼ぶようにする予定です。
なのでさらにその下にあるパラメータを「筋力」に変えたわけですね。


といった感じで、今はこういった部分をいじっています。
今後も引き続き、根っこのあたりの機能からいろいろ修正していきます。



それと、約2週間後の7/22から第10回ウディコンが始まります!
それにあわせて、このサイトでも全作品のセールを行う予定ですので、
過去作品が気になっていた方はよければそのときにぜひどうぞ!

というわけで、ウディコン準備も片道勇者2開発もその他のことも引き続き、
全力を尽くして進めていきます。