■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2007/09/09 (日)  『白き首長竜の剣』紹介 ■
嬉しいことに、シルフェイド幻想譚の二次創作ゲームを
投稿してくださった方がいらっしゃったので、
今回はその作品を紹介させていただきます。
色々ゲームに飽きてる自分から見ても悪くないなと思った作品ですので
ご興味のあるかたはぜひ遊んでみてください。

『白き首長竜の剣』  製作:ほにゃーさん 他
シルフェイド同盟「二次創作ゲーム」

タイトル画面

まずグラフィックに関してはキャラ・敵・顔グラフィック等、
肝心な所は全て自作、音楽に関しては一部フリー素材を含むのですが、
両方ともフリーの二次創作ゲームのレベルとしては
かなり高いクオリティでまとまっていると思います。
マップチップにはRTP素材の改変なども含まれていますが、
RTP素材は実は幻想譚でも割とけっこう使ってたので
その辺りは問題ないと思います。

次に内容面では、まずシナリオは途中分岐有りの一本道ですが
かなり原作に沿った形で作られていて、ファンの方も
楽しめる内容になっていると思います(一部シル見ネタ有り)。

バトルシステムはツクールのデフォルト戦闘ですが、
技の効果などはだいたい基本的に原作に忠実になっていますので
自然に遊べると思います(※デフォ戦闘で再現不能な技を除く)。
難易度はイージー・ノーマル・ハードから選択できる親切設計
(というよりむしろイージーを自分用に作らせたという方が正しい)。
難易度イージーはまさに幻想譚的バランスで、逆に難易度ハードでは
戦闘バランスがかなりキリキリにチューンされているので
キツい戦闘が大好き、というか幻想譚がぬるすぎて
戦闘に飢えているという人には特にオススメです。

個人的にはノーマル以上は戦闘回数が多く感じて
肌に合わなかったのですが、イージーは非常に楽しく遊ぶことができました。

システム的には、公開以前にチラっとゲーム作ってらっしゃるという話を
耳にした時点でいっぱいガーガー注文付けたり、
(もし敵遭遇歩数が30歩だったら面倒でブチ切れるよ!
絶対ダッシュ機能入れてください!など)
テストプレイヤーさん(自分含む)の方々からの
指摘を受け改良された結果、だいぶ遊びやすくなっています。
遠目に他人の開発を見ていましたが、
やっぱり調整の部分って一番大事だなあと感じます。

プレイ時間は難易度がノーマル以上では約1時間前後(らしいです)、
イージーの場合20分少々とかなり短めなので、
時間のない方にもオススメです。やって損はない一品だと思います。


それにしても、まさか自分のフリーゲームに
二次創作ゲームが作られたりするなんて驚きでした。
これはファンの人にも負けられないなあということで、
いい意味で闘志が燃え上がっています。

ちなみにこの作品はツクール2000RTP必須なのですが、
やっぱり要RTPだとダウンロードする人が
少なくなっている感があるので、これに関しては
せっかく作ってくださったのにもったいないなあと思っています。
今からでもいいのでぜひRTP不要版を作っていただきたいと思ってます。
■ 2007/09/09 (日)  WOLFエディター続報2 ■
ウディタ最新版をアップしました。

※9/9 15:00以前にアップしていたバージョン0.73では
RPG.exeにて決定キーによるイベント実行ができません。
以下の0.735を再ダウンロードしてご利用下さい。

WOLF RPGエディターα (ver0.735) 1.5MB
[ver0.72→0.735の修正点]

【WolfRPGEditor.exe エディター部のバグ】

・コモンイベントで「キー入力」使用時、代入先を通常変数にすると、
 次に修正しようとした際に選択項目が5つズレるバグを修正

・「セーブデータの書き込み」がダブルクリックで修正できなかったのを修正

【RPG.exe 動作部のバグ】

・決定キーでイベントが実行できないバグ修正(0.73→0.735)

・ループ周りのバグ
 + イベントの移動がループされていなかったのを修正
 + ループの境界の向こうのキャラが消えるのを修正 

・イベントの場所移動時に挙動がおかしかったのを修正

・「半歩上に設置」チェックを入れても2ページ以上にすると認識しない
 ↓
【修正後】マップに入った瞬間に、実行条件を満たしているイベントページの
「半歩上に設置」チェックのみが適用されるようになりました。
もしどれも実行条件を満たさない場合は1ページ目のチェックを適用。

【新機能】 変数でキャラを指定できるようになった

・[■動作指定] (変数番号)のキャラを動作指定できるようにました。

・[変数操作+] (変数番号)のキャラのX、Y座標等の取得が可能になりました
(どちらも、キャラ選択欄の下の方に「通常変数」を追加しています)

なお、変数の値とキャラの対応付けは、
「-1=このイベント」 「-2=主人公」 「-3=仲間2」 「-4=仲間3」……
となっており、0以上の場合は「各々のIDのイベント」に対応します。
(例:通常変数0番に「3」を入れて「通常変数0番」で動作指定すると、
イベントID3番のキャラが動く、という具合です)