■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2011/10/01 (土)  執筆&RPG作成 ■
やっぱりゲームを作るのは楽しい!
でもいちおうウディタ本執筆中のウルフです。

【サンプルRPG作成】

ウディタ本の説明用に短編RPGを作ったのですが、
やっぱりゲーム作るのが楽しすぎてたまりません。
今までゲーム作ってるのが呼吸同然に当たり前になってたので、
ほんのひとときでもゲーム開発から離れた後に、
久しぶりにゲーム作りに手を付けると、楽しすぎてヤバい!


ウディタ本 基本システム解説用 短編RPG

ウディタ本は完全な初心者向けなので、本の第1部では、
基本システム2を使って実際にゲームを作りながら、
その作成手順を解説する流れにしています。

サンプルゲーム自体は超短編で、大したことはないのですが、それでも
マップを作ったりイベントを作ったりすると、本当にワクワクします。



【RPG開発について思う事いろいろ】

これまで、シル学やクリフなどテキスト重視のゲームばかり作っていて、
マップ作成や、キャラをちょこちょこ動かすような刺激が少なかったので、
サンプルゲームを少し作っていたら、RPG作りたい欲が
ムクムクと沸き上がってきています。
い、今それどころじゃないのに……!

ちっともRPGを作らない私が言うのも何ですが、
色んなゲームジャンルの中でも、やっぱりRPGは、
作っていて楽しめる部分が多いジャンルのような気がします。

RPGには、マップを作ったり、イベントを作ったり、
キャラクターを動かしたり、武器やスキルを大量に作ってみたり、
戦闘バランスにやたらこだわってみたと、色んな要素があります。
どんな人も、最低どこか一つくらいは楽しめる所があるという意味で、
ゲーム作成入門として、これほどいいゲームジャンルは
ないんじゃないかなとも思うほどです。

もちろん逆に、RPGで全要素をしっかりまとめようとすると、
全部マスターしなければならないわけで、
極めようとし始めれば、恐ろしいほど
奥が深いジャンルと言えそうな気がします。
また作ってみたいなあ……。



拍手コメントも、いつも本当にありがとうございます!

>用紙質感はいろいろいじると楽しいですよね。       .
>用紙質感の下にある画材効果「水彩境界」も       .
>(私はあんまり使いこなせないのですが)面白いですよ。

アドバイスありがとうございます、ぜひまた挑戦してみたいと思います!
水彩絵は塗り直しできないのに恐れがあって、なかなかトライできてないのですが、
そのうちそんな塗りでゲーム作ってみるのも面白そうかなと思っています。