■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2013/09/28 (土)  片道勇者ボツネタ ■
 
【今週の状況】
今週は学生さんの作品を見させていただいたり
オリジナル英語版のバグ修正したり旅行に行ってたり
アーマードコアVDが発売されたり
ちょっとだけハウスキープに奔走してたりしてたので、
大きな進行はありませんでした。


片道勇者+でボツになったクラス「魔王」のED用ラクガキ。

「魔王」みたいに通常と立場が違うキャラで遊ぶとすごく面白そうなのですが、
かなり多くのNPCのデータを新規に作らねばパッとしない感じだったので、
面白そうではありましたが今回はちょっと見送りました。
次はプレイヤーの立場が違う場合でも、NPCの反応を
うまく変えやすい造りにしたいですね。



片道勇者のオリジナルVer英語版のほうは最終調整&デバッグ作業に入っています。
プラスVerは何度も言いますが日本語版でさえまだなので鋭意開発中です。
プラス版はイベント周りでどんどん新しいネタが浮かんで永久ループに
入ってるので、一旦イベント編を終わらせて先に行かないとちっと進みません。

なのでイベント編が一区切りするところまでいったら、
残りの、「マップパーツ(建物)」、「アイテム追加」、「バランス調整」、
「プレミアム感を感じられそうなオマケ要素色々」の実装を終えた後、
また戻ってイベント追加を行っていきたいと思います。


ちょっと余談ですが、イベント作りをしていると、

機能追加 → この機能を流用して何か作れないかな? → アイデア発生
→ 追加で機能追加 → この機能を流用して(略)


の好循環が発生することが分かりました。
どうやら自分の場合、イベントのアイデアはゼロから生み出すよりも
機能・世界観の制約から枝のように伸ばしていくほうが作りやすいようです。

イベント編の作業に入るまでは「何も思いつかないよー!」と思ってましたが、
いざイベント編に入ると意外にもどんどん思いつくのです。

年を取ると「見合わないほどの大きな手間を投入する必要があるアイデア」を
採用することが心理的に難しくなってくる感じがしますが、こういった形でも、
新しいアイデアを思いつくための条件を見いだせると嬉しいものです。



以下は拍手返信です。
プラス版へのご意見・アイデアもいつもありがとうございます!

>褐色…おっぱい…セーブ屋…そうか!分かったぞ!   .
>セーブと称しておっぱいで誘惑して自分もろとも勇者を  .
>闇に引きずり込む魔王(or『闇』)信奉者(一方的)だな!
>えぐい!えぐいぞ!!もっとやれ!!!           .


このコメントをいただいて思い出したことがあります!
実はネタ帳には、闇に飲まれる直前までいかがわしいお姉さんと
イチャイチャできてフィニッシュ(笑)を見ようとすると
闇に飲まれるイベントが案としてあったのですが、
作るのが面倒くさすぎてボツになったんです。

この案に限らず、片道勇者には
ちょっとくらい退廃的なイメージも入れたかったんですが、
結局、住人がのんびり闇にのまれていくゲームになってしまいましたね。
まともに世界の破滅を理解してる一般人は耳長の里で
回復してくれる女の子くらいかも。
 
関連記事