■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
【20年を振り返る その4 片道勇者~プラネットハウル】

いよいよ20周年が来週に迫りました!
『12/24』にこのサイトが20周年をむかえるのを前に、
過去作品のキャラを落書きと共に振り返ります! 今回は第4弾!

『片道勇者』よりネムリ、『プラネットハウル』よりウォー。20周年イラストの一部です。


第4弾は『片道勇者』よりネムリ、『プラネットハウル』よりウォー!



【不幸な薬師 ネムリ】

ネムリは強制横スクロールRPG『片道勇者』に登場する仲間キャラクターです。

『片道勇者』のキャラクターは、ランダム度が大きい世界で
お話が展開される都合上、使えるギミックや使用可能な演出の問題で
キャラクターごとの物語の描き方に悩んでいました。

その中でも、ネムリのストーリーはランダム世界でも使えるギミックを
ある程度はうまく活用できた感じで、
全体を見てもうまく演出できた方かなと思っています。
(たとえばフリーダ王女などは、その人物の背景がシステム的には
何も絡んでこなくて寂しいのですが、ネムリはそうではありません)

で、「私は人間と非人間を行き来する話が好き」と
以前スケイルの話のときに申し上げましたが、
ネムリも方向性は違えど、同じような展開を備えた物語を持っています。

ネムリは登場時点で悲しい運命を背負っており、
基本的にはどうがんばっても人間のままでいられないキャラです。
(※『片道勇者プラス』で新たに、救われる隠しルートができました)

もしネムリのお話で途中で「えー!?」となってしまったときは、
過去にネムリからもらったアイテムのことを思い出しましょう!
もしもらってなかったら、好感度を上げるのが間に合わなかったのだと思いますので、
次はナユタの実をいくつか持っておくのもいいかもしれません。


<ランダムな世界観ならではのバリエーション>
なお、『片道勇者』ではネムリに始まる仲間キャラにもランダムで接頭辞が付くので、
『強そうなネムリ』や『エッチなネムリ』などが登場してバリエーションごとに
変わったセリフをしゃべってくれる要素がありました。

このやり方は、あくまでランダムバリエーションの一つとして
キャラ崩壊などを気にせず変なセリフを入れられるのが面白かったです。
ぜひ次回も入れたいですね!


<他作品でも出てる?>
他作品でも出ているか……という話とはちょっとずれているかもしれませんが、
ネムリは私の要望で、スパイク・チュンソフト様による家庭用ゲーム機リメイク作
『不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ』(略してフリカツ)
にも登場させてもらっています。

とてもイメージに合ったボイスも付いているので、気になる方は
Steamなどで出ているのを手に取ってくださるのもいいかもしれません。
フリカツ版のネムリには特に接頭辞がなくとも少しエッチな展開があります!!

さらにそれとは別に、『片道勇者TRPG』というTRPG展開もおこなわれまして、
そこではイラストレーターのモタ様の手で姿がアレンジされつつ、
発言や性格はほぼそのままのネムリが登場します。
TRPG版のネムリは幼い感じにかわいくアレンジされています。

ネムリはどちらのケースもよそに出張するとスレンダーになってて、
たぶん原作が一番セクシー体型だと思います。
平たくできるキャラが他にいないので、出番や性格的に
平たい担当をすることになりやすいためかなと思います。



【「滅びよ」 ウォー/未執行青少年13号】

未執行青少年13号、もといウォーは『プラネットハウル』の主人公です。
獣人しかいない、全てが厳密に管理された衛星アトラスに住んでいますが、
彼は予定外に産まれてしまった存在であるせいで、
人々に貢献できることを示さないと処分されてしまう、
「未執行青少年」という立場です。

なので13号君は生き残るために貢献ポイントを稼ぐべく、
非常に操作性の悪い機体に乗って
死亡率の高いミッションに出かけることになります。
これらの設定はストーリー・セリフ担当のPERYKARN様が
出してくださったのですが、面白い設定で好きです。

そしてウォーという名前は、スノウという「人間」の少女に名付けられた名前です。
そう、スノウが登場するまでは全員「獣人」しか出てこないんですね!
そんな変わった世界が気になる方はぜひ『プラネットハウル』に触れてみてください。

なおウォーの選択肢によく出てくる口ぐせは「滅びよ……」です。
最後は本当にその言葉通りのことを実行できたりしますのでお楽しみに。

ただしゲームプレイ部分はすごい操作性の悪い機体を操るのがテーマなので
全体的に「自転車に初めて乗るとき」のような体験を覚悟してください。
ポイントを稼いでプレイを楽にできる要素もありますので、
そのあたりはぜひ遠慮なく使ってください。
変な操作に慣れていくのが好きな人にはとても向いている一作です。



次回の更新は20周年記念回として【12/24】予定です!
 
関連記事