■サイト[SilverSecond]トップ
■開発日誌トップ
■ 2018/08/19 (日)  第10回ウディコン投票締切! ■
【第10回ウディコン投票締切!】

ということでついに一般投票が締め切られました!
皆様のたくさんのご投票、本当にありがとうございます!

運営である私は、これから投票データのチェックやコメントの確認作業を行い、
結果発表のまとめを作っていくことになります。
今年も4500かくらいののべ評価作品数なのですごいことになりそうです。
皆様からのたくさんのご投票、本当にありがとうございます!

今年も前回に引き続き一人平均10作品も審査してくださっていて、
回数を重ねていくにつれて遊んでくださる方々も
精鋭揃いになっている感触があります。
一方で、作られる方の作品もどんどん品質や手触りが
よくなっていたりするのを感じていて、私も奮起をうながされます。

前回は締め切りから結果発表まで5日くらいでしたが、
今年はちょっと急ぎめにして3日後+αの8月22日(水)頃の発表を目指します。
少々お時間をいただくと思いますが、結果が気になる方は
楽しみにお待ちいただければ幸いです。
 
■ 2018/08/11 (土)  別件だらけの一週間 ■
【別件だらけの一週間】

今週はウディコンの各種対応を続けながら、
機器不調の修理周りの件でドタバタするところから始まって、
やったことのないお仕事が飛んできて頭を加熱させたりしていた一週間でした。

自分がやったことのないお仕事、というか自分じゃやらない類いの新しい挑戦は
強制イベントとして起こるものくらいしかしないので、
これもいい機会だと思って全力を尽くしたいですね!
そのうち何をやっていたか明らかになると思います。


何も載せるものがないのもアレなので、落書きを一枚載せておきます!





【第10回ウディコン、一般審査受付中!】

第10回ウディコンも、すでに皆様からの熱い一般審査コメントがたくさん届いております!
締め切りは来週8/18 23:59までですので、審査してみようかなと思われた方や
応援したい作品がある方は、よければぜひ一般審査に挑戦してみてください!

【ウディコン公式ページはこちら】

今年は過去にご参加くださった方の作品にも確実な進歩や遊びやすさの向上が見られたり、
一方でもうちょっといじるだけで最高の一作になるのではと思うゲームもあったりで
作者の立場としてもよい学び場になっているように感じます。

RPGエディターであるにも関わらず、相変わらず色んなジャンルのゲームが来るので、
「あー自分もこういうの作ってみたい!」と思い出させてくれるのが
私にとってウディコンのすごくいいところです。
皆様の様々な挑戦や熱意あふれる作品、本当にありがとうございます!
 
■ 2018/08/04 (土)  片道勇者2【25】 マップ画面 ■
【片道勇者2 マップ画面再構成中】

ウディコンの運営もひとまず一区切りしたので、
『片道勇者2』の開発を再開しています。

ここ数週間は、アルファ1でやらかした部分だった
マップ画面のインターフェースについて、
あれこれ試行錯誤しながらこうでもないああでもないと
パーツの場所を入れ替えつつプレイして試していました。

まず、前回のアルファ1のマップ画面のインターフェースは以下の画像のようになってます。



このインターフェースへの問題点がいくつか挙がっていて、

・基本的に主人公周辺を見てプレイするので、右下の手札が遠くて目に入らない(割と重大)。

・使用頻度が高い「引き直し」ボタンが遠い。

・全体的に表示情報の圧迫感がひどい。


という問題があったので、まず上2つの対策のために
「手札の場所」と「主人公データの欄」まわりを
ばっさり左右入れ替える形の配置変更をしてみました。
といいますか、色々いじって試した末に一番マシと言えそうなのが今のところこれでした。

【新しいマップ画面インターフェース】

※手札の裏側にNPCがいる場合はカードが半透明表示されます。常時半透明オプションも付ける予定です。
※上の画像からメッセージログとTipsが抜けてます。


実際にこれでやってみると、

・「手札」に対するマウス操作量が半分近くに減少してプレイコストも減。
かつ少ない視線移動量で目に入るようになり、もう少し工夫すれば
ぼんやり主人公を見てても追加の情報をつかめるようになりそうです。
(たとえば「今回の手札の攻撃可能回数」とか分かるようにしたいです)

・「引き直し」ボタンも近くなった。

・左側の方が目に入りやすいので「プレイに関わる変化の激しい情報」は
そもそも左にあるほうがよさそう。
(そして逆に、オンラインユーザは左に置くべきではなかったので右へ移動)


という印象でした。

今のところはこんな感じの配置になっていますが、
あくまでパターンの一つなので、他に使いやすそうな配置案があれば
『片道勇者プラス』同様、それも入れて好みに合わせて切り替えられるようにする予定です。

あと、上にはまだ、画面がうるさくなりやすい「メッセージログ」と「Tips」は入っておらず、
入れるとしたらどの辺に入れるか考え中です。色々試してみて、
「邪魔にはならないけど目には入る」くらいのポジションに置きたいところです。
メッセージログはなんだかんだで中央下段あたりしかないような気もしますね。

「メッセージログ」や「残り山札」や「Tips」などは普段は表示されずに
キーひとつで出せるようにするというのもアリなんですが、
前の2つはあったらあったで意外と見るので
「オプションで消せるけど、常時出しておきたい人には出せるようにしておきたい」
くらいにしたいと考えています。


【移動予定経路が出るようになります】

それと上の画像にありますが、移動予定経路がこれからは線で表示されるようになります。
ときどき「えっ、対岸までいくのに回り込まずに川を直接通るの!?」
みたいなことがあったと思いますが、内部的には最短距離を計算してて、
回り込まずに行った方が総ターン数が少ないと判断されれば
障害物上を直進するルートを通るようになっています。
ということが移動前から直感的に分かるようになりました。
これで移動事故が少し減ると思います。



他にも情報の提示の仕方やうるさく感じるところなど、
細かいところで「これヤだな!」と思うところがまだまだ山ほどあるので、
インターフェース周りはもうしばらく微調整を続けていくことになると思います。
このあたりの分野は私にとって自然にできることではないので、いい挑戦になりそうです。
 
■ 2018/07/29 (日)  第10回ウディコン審査開始! ■
【第10回ウディコン審査開始!】


WOLF RPGエディター公式サイトへ


ということでウディコンはエントリー期間が終了し、一般投票が開始されました!
集まった作品数は全部で59作品!
今年もたくさんの作品、本当にありがとうございます!
相変わらず今年もRPGエディターという名前とは裏腹に
何を作るためのツールか分からないくらいに
ジャンルも見せ方も様々な作品が集まりました。
それでもRPGっぽいゲームは意外と多かった気がします。


【審査について】

さて、ウディコンでは作品審査は「一般投票のみ」でおこなわれます。
データを取る都合上、得点に反映されるためには【4作品以上】の
審査をおこなう必要がありますので、もしよければぜひ、
気になった作品をいくつか遊んでみて投票してみてください!
(なお、作者様にコメントを届ける目的だけなら1作品だけの投票でも問題なく送られます)

投票内容は記憶されているので、遊んだ順に途中まで書いて
そのたびに「保存」すれば続きを書いたり書き直したりすることが可能です。



ということで、この夏、新鮮なフリーゲーム群に触れてみたい方はぜひウディコンをどうぞ!
もちろん、結果が出てから好きなタイプのゲームに触れるよという方も大歓迎なので、
そういう方は結果発表をお待ちください!
投票締め切りが8/18なので、結果発表はたぶん8/19~20頃になると思います。

WOLF RPGエディター公式サイトへ

 
■ 2018/07/21 (土)  夏セール+ウディコン前夜 ■
【夏セールのお知らせ!】

ということで今年は夏のセールを開催します!




セール対象商品は以下の通り!

『シルエットノート』が1500→750円!(-50%)
→ 最近、顔グラフィックや背景画像などが「リファイン」されました!

※シルエットノートにはDLsite版もあるのですがこちらは割引申請待ちです。
そちらがほしいかたはもう少々お待ちください。

『シルフェイド学院物語』が2000→1000円!(-50%)

『片道勇者プラス』が500→250円! (-50%)

『片道勇者開発記』が500→300円(Kindle版)!(-40%)

『ゲーム開発者の地図』(Kindle本)が1080→756円(-30%)!

期間は2018年8月下旬頃まで、となっておりますので、
気になっていた方はよければぜひ!



【ミニメタルストラップ】

またBOOTHで販売中の「ミニメタルストラップ」も、倉庫代を稼げなくなった時点で
販売終了することにしておりますので、欲しかった方はお早めにどうぞ!

微妙に売れ続けてしまったら、いわゆる「終わる終わる詐欺」が続いてしまいますが、
それはつまり、なくなるなら買っておきたい方がまだいらっしゃるということなので、
その限りは販売を続けようと思います。



【ミニメタルストラップ販売ページへ】



【明日から第10回ウディコン開催!】

ウディタ10周年に続いて、ついにウディコンも10回目になりました!
節目となる第10回、どんな作品が来るのか今からとてもドキドキしています。

【ウディコン公式ページ】

作品公開は7/22(日)の0時からです、お楽しみに!